【エギング】破れたエギの修復方法について-前編-

2021年11月24日 公開
2021年11月24日 更新 釣具・タックル

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです!

本日は大切なエギが破損した際のオススメ修復方法をお教えします^^

エギは表面が布地で覆われているため、一般的なハードルアーに比べ破損しやすいと思います。

そして破損する理由の主なものは、瀬に引っかかった、イカに噛まれた、など、です。

大切に使っていたエギ、高価なエギが破れた時ってエギンガーの心にも大きな傷を与えますよね。(自分にとって記念となるイカが釣れた場合を除く)

そんな時はこれです!こ・れ!

こ・れ・で・す・よ!!

今回の記事も参考になるかと思いますよ^^ぜひご覧になってみてください。

破れたエギってどうなの???

破れたエギってなぜダメなの?そのまま使用してはダメ?と思うところですが、エギンガーならよく聞くであろう

「破れたエギは抱きにくい」

というお話・・・。

もちろんこれは絶対ではなく、理由も諸説あると思います。

さらに、破れていても抱くときは抱きます。

ではなぜ、このような話があるのか・・・。

私なりの考えですが、激しく破損した場合、

「破れた箇所が無駄な水抵抗を生み、安定したフォール姿勢を保てないから抱きにくい!」

などと個人的に考えています。

※このエギの破損はまだまだ最小限レベルです。

イカは綺麗好きだから!というメルヘンチックな話も本当かもしれませんがw

少なからず抱きにくくなる主な理由は「フォール姿勢」の崩れにあるものと勝手に思っています。

ですから、私はエギが破れた場合は必ず修復作業を行なっています。

エギの修復用アイテムはこれだ!

あわび本舗アワビシート&アワビコートを使うのです。

参照:あわび本舗http://damiki-japan.com/02_awabi-honpo/

本来このシートは、エギのアピール増加のためのチューニング用として販売されているシートですが、私はこれを普段の修復用として愛用しています。

シートには多種多様の種類のシートが存在し、どれも独特な輝きを放っています。

使用方法としては、エギの背中に貼るだけなのですが、貼って終わりでは耐久性に少々不安があります・・・。

そこで必要となってくるのが。。。

各種アワビコートです!(※マニキュア液のようなもの)

これは、貼ったアワビシートの上に塗布することにより、耐久性及び紫外線によるケイムラ発光を助長する働きがあります。

※超アワビコート(左端)にあっては発光しません

※赤ラベルにあっては本来もっと発光します(紫外線ライトが弱いため弱光)

では、どれでも好きなシートに塗布しても良いか???

いえいえ、それがダメなのです。。

シートとコートには相性というものが存在します。

その区別がつくものは、シート袋に貼付されているシールです!

要は、このシールと同じラベルのアワビコートを塗布すれば良いというわけですね!

さあ、それでは左3枚のようにシールがないものにあってはどうすれば・・・。

もちろん、シートをエギに貼る前にしっかりと確認を!

シートの切れ端に各種順番に一滴ずつ垂らします。

そして、UVライトにより紫外線を照射すると!!!

なんと綺麗に反応しているではありませんか!w

「アワビシート マザーナチュラル」に相性が良いのは、どうやら緑色と紫色のラベルのコートのようです^^

それでは、早速貼っていきましょう!

修復方法について

今回は緑色のラベルのアワビコートを使用し、修復していきます!

まずは1枚を取り出します。


そしてゆっくりと剥がしていきます。

そのまま破れた箇所の上に且つボディの中心に貼り付けます。

貼ったあとは指で押さえてしっかりと貼り付けます。

次にアワビシートの上にアワビコートを塗っていきます。

1度だけでなく、「乾いてから塗る」を繰り返し、私は3回ほど塗布しています。

また、ポイントとしては、発光しない「超アワビコート」でシートと本体の際を塗ることです!

接着面の際に塗料が載せられることで、剥がれ防止になります^^

完全に乾くと出来上がり!しっかりとコーティングされてツヤや輝きもマシマシです^^

これで破損の修復が完了です!

時間と手間をかけた分、今まで以上に愛着が湧いてきました^^

おわりに

エギ1個も非常に高価なルアーですので、普段から大切に使っていきたいと想っているDAIWAマンです^^

嵐の日や外に出れない時、釣りができずにムラムラしている方は多いのではないでしょうか???

そんな時、一度持っているエギをチェックしてみてください^^

思いの外、ボロボロになっていたりしますよ!(◎_◎;)

一つ一つ真心込めて修復したエギはなんとも言えない愛着が湧くこと間違いなしです!

次回は、パート2として修復したエギの発光状況やシートに関する考え方についてお届けします^^

#{snippet[5]}

釣具・タックルの関連記事

【サーフゲーム】ウェーダーのメンテナンス
2022年01月19日 釣具・タックル NEW!
【サーフゲーム】ウェーダーのメンテナンス
皆さんこんにちは、サーフゲームのマガジンを担当しているアングラーHMです。 最近は気温も水温も低くなり魚も渋く、シーズンオフの方もおられると思います。 シーズンオフになれば、それはタックルメンテの時期!!という事で今回は、サーフゲームの必需品でもあるウェーダーのメンテナンスについて紹介させて頂きます。 もくじ ウェーダーにメンテナンスは必要か? 外側メンテナンス紹介 内側メンテナンス紹介 おわりに ウェーダーにメンテナンスは必要か? できるだけ長く使用する為に、メンテナンスは必要です。 潮や砂、汗等の汚れは、ウェーダーの撥水性能等を悪くする原因だと考えられています。 また、汚れを放置しておくとカビや悪臭が発生してしまう場合もあるようです。 僕は、サーフゲームやウェーディングシーバスでウェーダーを使用しています。年間の使用回数は、大体60回位です。 釣行後は、毎回軽く水で流す程度ですが、シーズンオフのこの時期に下記に記したメンテナンスを、行なっているので、少しでも参考になれば幸いです。 外側メンテナンス紹介 メンテナンスで用意するものは、バケツとスポンジです。 上記のスポンジはコップ洗い用で、百均等で購入できます。 スポンジは、ウェーダーの内側を洗いやすいよう、柄がついているこのタイプのスポンジを使っています。 スポンジの方が擦った時の摩擦がブラシ等より弱い為、ウェーダーへのダメージが軽減されると考えています。 そして肝心のウェーダーメンテですが、手順として、まずバケツ等にぬるま湯をいれて、ウェーダーの外側をぬるま湯で洗います。 水よりもぬるま湯の方が潮等汚れがとれる為、ぬるま湯を使用しています。 洗い方はスポンジを使ってブーツ部分から洗うと洗いやすいと思います。 洗い終わったら、穴や亀裂等がないか確認してます。 赤丸部分のブーツとソックス部分の繋ぎ目は、穴や亀裂が発生しやすい箇所の為、しっかりと確認しておいた方がいいです。 小さい穴が空いてる場合は、補修ボンドで修復できます。 下記の補修ボンドは、ダイワからでていて1,000円くらいで購入できます。 参照:ダイワウェーダー補修ボンド 内側メンテナンス紹介 外側を洗ったら次は、内側を洗いましょう。 内側の洗い方はまず、下記のようにひっくり返して、内側の部分が外側になるようにした状態にします。 そこへぬるま湯を入れてスポンジを突っ込みブーツの中をまず洗います。 ブーツの中をスポンジで洗ったら、ひっくり返した内側を元に戻し、ウェーダーの中にぬるま湯をいれて上下左右に揺らして、ウェーダー内全体を洗います。 このウェーダー内全体を洗う工程を、3回位やれば洗剤を使わなくても綺麗になります。 洗い終わったらブーツを上にして外側を干し、大体乾いたあたりで内側をひっくり返して干して下さい。 ブーツ内は乾きにくい為、僕は新聞紙をブーツ内に詰め、2、3回交換して、水分をとり乾燥させています。 しっかり乾かさないと、悪臭やカビの原因になります泣。 上記のようにブーツを上にして干すと、ブーツ内の水をしっかり外に排出することができ、乾かす時間が短縮できます。 おわりに ウェーダーの外側、内側をしっかり洗い、ちゃんと乾かす。 当たり前ですが、しっかりメンテを行なうことによりウェーダーを清潔に長く使用できます。 この時期寒さもあり、なかなかメンテするのも大変かもしれませんが、シーズン最盛期に気持ちよく釣りを楽しむ為に、オフの時は、メンテしとくことをオススメします。 また、メンテ後はなるべくブーツ部とソックス部の繋ぎ目がおれないように保管しておくと繋ぎ目のダメージを軽減できます。 赤丸部分はおらずに僕は、下記のように畳んで保管してます 最後まで読んで頂きありがとうございました。 #{snippet[X]}
【エギング】エギのサビ取り実験をしてみた。
2022年01月19日 釣具・タックル NEW!
【エギング】エギのサビ取り実験をしてみた。
皆さんこんにちは!寒すぎてコタツに篭っていると噂のアマチュアエギンガーです。 2022年をいかにお過ごしですか? エギングはシーズンオフに入り、年末に片付けていたらふと気づいたんですよ。 エギのカンナがもの凄い錆びている! これは、まずい!と いろいろ調べたり、人に聞いてみたり。 ん〜全部試してやれ。 という訳で、 エギのサビ取り実験をしていきます!! もくじ メーカーによってカンナが違うので注意! 用意するもの 実験開始 結果発表 おわりに メーカーによってカンナが違うので注意! エギンガーの皆さんはもうご存知かと思いますが、エギってメーカー毎にカンナが違うんです。 この実験をするに当たって、改めてよ〜くエギのカンナを見てみると、今まで思っていたよりも違いが! カンナの形、色、全く違いますね。 それよりも今回の実験において気をつけておきたいことがあります! 僕が普段からメインで使っているDUELエギ。 プラスチックの内側の方にカンナの根元が入っています。 こんな感じで各メーカー毎に、カンナの違いがあるので自己責任で充分気をつけながらやっていきましょう! 用意するもの •プラスチックコップ •鉄粉クリーナー •サンポール •クエン酸 •メーカーの違うエギ3本(カンナの種類で落ちやすいモノがあるのか違いがわかるように) •同じメーカーのエギ(溶剤の違いでカンナの汚れの落ち方を比較するため) br>< /b>※実験前の注意※ •ゴム手袋を使用すること! •溶剤が溢れても良い場所で行う •換気のされている場所で行う •排水溝に流す時には種類毎にわけて流す ではやっていきましょう! 実験開始 左からエントリーNo.1〜6にしましょう! 皆さん覚えといて下さいね〜 こんな感じで、コップに番号を振り、エギを振り分けていきましょう。 この時点ですでに、空のコップはギリギリ立っています。シンカーの重心が上にあるがために、、、。 もう少し工夫すれば良かったな〜と後悔。笑 ※同じメーカーとわかりやすい様に、YO-ZURI製品もDUELとペンで書いてます。 実験時間は30分にします。 それでは開始〜! 早くも鉄粉クリーナーは化学反応を起こして泡立ってます。 クエン酸は水に綺麗に溶けないので、かき混ぜます。 鉄粉クリーナーは泡が減り、大分反応が終わったようですね。紫色になっています。 クエン酸、サンポール、、。 目に見てとれる変化があまりない、、、。 そして30分経過!終了!結果はいかに、、、。 結果発表!! 結果発表! まずは、メーカー(カンナ)の違うNo.1〜3のエギ! 1番左、No.1のYAMASHITAエギ×鉄粉クリーナーが、カンナの芯の方が綺麗になっている気がします。 3本とも光沢が増していますが、写真の撮り方でしょうか。笑 僕の目視ではNo.1が1番綺麗になりました。 次は、同じメーカー(DUEL)のエギ 左、No.4の鉄分クリーナーと右、No.6のサンポールが綺麗になっている気がします。 やはりDUELのカンナの芯部分はプラスチックで覆われているため、中までは綺麗になりませんでした。 こちらで有力なのはNo.4。 結果的には、鉄粉クリーナーの圧勝ですね!! おわりに こういった溶剤につけることはカンナに悪い。僕もそう思っている1人です。 でも、錆びが出た時点で劣化してますよね?強度落ちてますよね?って思えたので、この実験に踏み切れました。 考えるだけでなく、行動を起こす! 2022年を価値のある年に。 以上、アマチュアエギンガーでした。 #{snippet[18]}
【シーバス】出るか!?22ステラ
2022年01月19日 釣具・タックル NEW!
【シーバス】出るか!?22ステラ
皆様こんにちは!釣りが好きなんですです! 今回は、今年ついに出るのではないかと噂されている22ステラについて考察していきたいと思います。 シマノと言えばステラ! ハイエンドと言えばステラ! 私も今年のシマノの情報解禁が待ち切れないアングラーの1人です。 今までの発売傾向、更にはミラクルジムこと村田基氏の発言を元に、実際出るのか出ないのか?更には追加の技術特性があるのか?という考察していきますのでよろしくお願い致します。 常に最高クラスの性能で登場し続けたステラ、新作もきっと期待を裏切らないはず! もくじ 今までのステラ発売サイクル YouTube等での村田基氏の発言 追加技術特性は?! ないと思うけど、、、 おわりに 歴代ステラの発売サイクル まず歴代ステラの発売サイクルです。 92ステラから10ステラまでは3年周期。 10ステラから18ステラまでは4年周期。 この間に2000年に発売されたミレニアムステラとステラSWが登場しましたが、無印ステラは一定の周期で登場しています。 去年2021年、シマノ100周年という事もあり、ミレニアムステラの様な記念モデルが出るとも噂されましたが出ませんでした。 このことにより、周期通りの今年!22ステラが出ることが濃厚では?!と予想しております。 参照:ポパイ 100周年ステラ出るかと思ったのに、、、 YouTube等での村田基氏の発言 ここからはYouTube等でのミラクルジムこと、村田基氏の発言から22ステラが登場するのではないかという予想をしていきます。 数多くありますが、全て紹介してたらキリがない為、3個ほど紹介します。 1.シマノの発送日時について 今年1月21日にシマノから新製品について発表があるそうです。 村田基氏曰く、シマノの発送は目玉商品を焦らすそうですが、オンラインサロンではいきなり目玉商品の発表をするそうです。 瞬間で予約がパツパツになると断言している為、期待大です。 2.「20年言い続けたものが出る」「俺好みのものが出る」 これについては、20年前と言えば01ステラです。 村田基氏は以前から、この01ステラに搭載されている "スーパースローオシュレーションシステム" を大絶賛しています。 参照:https://youtu.be/aC4XoKUI45Eしかしながら、消費者からの声なのでしょうか、この技術特性は現在廃止されています。 時代と共にアングラー、道具の進化により再登場してもおかしくありません。 3.新製品の巻きごこちをジェスチャーで表現 これは顔がやばいです(笑) かなりシルキーで滑らかな表現をしています。 更に巻き方に注目すると、明らかにスピニングリールの動きをしています。 シルキー滑らかジム驚愕の顔! まさにステラを予感させます! 参照:https://youtu.be/aC4XoKUI45E 追加技術特性は?! ここからは追加されるであろう技術特性の予想をしていきます。 これも村田基氏の発言やでの予想、そして私の妄想です。 1. 上記で紹介した技術特性です。 スプールの前後運動(オシレート)の機能が非常に細かいピッチで設計されており、結果としてラインが平行巻きに近い状態で巻かれるためライン放出がスムーズでよく飛ぶ! 更にスローに動く事により、巻きごこちがすばらしいそうです。 参照:https://okapon2005.com/blog-entry-597.html?sp 私はこの機能搭載のリールを使ったことはありませんが、村田基氏はこの機能を大絶賛しております。 村田基氏の発言になるのですが。 「俺好みのリールがでる。」 「20年言い続けたリールがでる。」 などは当てはまる可能性があります。 2.バリアコートスプールリング これはステラSWや21ツインパワーXDに搭載されていますね。 現行汎用モデルでフルメタルボディはステラだけとなっております。 その剛性感にバリアコートスプールリングが追加して欲しいという希望です(笑) ヤスリで削っても傷がつかないそうです。 こちらはYouTubeのKuro channelさんの動画で見れますよ。気になった方は是非検索を! ないと思うけど、、、なったらやだな ないと思いますが、実現したら私的新作ステラ購入回避項目です。 1.ハイブリッドボディ 現行シマノのカタログにおいて、汎用スピニングリールでフルメタルボディは18ステラだけです。 流石にステラはフルメタルボディ継続なはず。 2.摺動子ガイドが1本になる これも現行では18ステラのみが2本搭載されています。 上記2点が新作ステラに搭載されてしまった場合、私は新品で18ステラを買いなおします! おわりに 終わりに というわけで、もうそこまで迫っているかもしれない22ステラについて、考察してきました! 私は必ず出ると思います! ちなみに私は基本シーバスアングラーで、秋にちょろっとライトショアジギングもやりますので、購入予定番手は4000MHGです。 しかしながら、村田基氏の発言の一瞬で予約パツパツになる。が1番の懸念材料です。 リールを発表日に予約するという経験がないので、資金があっても買えなければ意味がない!なんて事にならないよう、1月21日は万全の体制で発表を見たいと思います! 無事購入できた際は、インプレ記事を上げますので、ご期待ください! #{snippet[14]}
ロックゲームおすすめワーム(私的)6選
2022年01月13日 釣具・タックル NEW!
ロックゲームおすすめワーム(私的)6選
皆さんこんにちは! ショアジギをやりに行っても根を見つけるとすぐロックフィッシュをやってしまう、ナブラが湧いてもロックフィッシュをやってしまうくらいロック好きな闇夜乃皇帝です。 どうぞよろしくお願いします!(◍´꒳`)b ロックフィッシュを始めて4年が経過した私なのですが、これまでアイナメ類、ソイ類を釣るためにあれもこれもと色んなワームに手をつけてきました。 そして、使い続けている物と使わなくなった物と、はっきり分かれてきています。 好みや己のスタイルにも左右される部分が大半(皆様もそう)だとは思いますが、そんな私、闇夜乃皇帝が皆様におすすめしたい、今年使ってみていただきたいワームを厳選して紹介したいと思います! もくじ Berkley(バークレイ)のおすすめワーム(私的観点) Berkley(バークレイ)以外でのおすすめワーム(私的観点) 最後に Berkley(バークレイ)のおすすめワーム(私的観点) 最初に言ってしまいますが…私ロックフィッシュを始めてこの人凄い!と憧れている、ハンター塩津こと【塩津紀彦】さん、という方がいます。その人の影響が強く7割は…Berkley(バークレイ)のワームなんです。 (※バークレーではありません‪‪✕‬‬‬、正しくはバークレイ〇だそうです) その中でも、ご存知の方も多いかと思いますがパワーベイトシリーズ、ガルプシリーズ、マックスセントシリーズがロックフィッシュにはおすすめです。 アングラーズ内でもミッション形式で称号取得や、過去ロックフィッシュフォトコンテストでも対象ルアーになっていたりと有名なメーカーのワームだと思います。 その中でも個人的におすすめしたいワームを下で紹介していきますね! 1.ガルプ ソルトウォーター アジャストハント3.2inch 参照:https://www.purefishing.jp/product/berkley/gulpsaltwater-adjust-hunt-4inch-32.html このワームは2018年に発売されたワームになるのですが、現役バリバリ(バリバリとか言っちゃう年頃です)で見かけたら手を伸ばしてしまうワーム。 ガルプシリーズは汁漬けになっており、味と匂いを武器としているシリーズです。 持ち運ぶ際にその汁をこぼさないために専用の容器を準備するのが面倒、こぼしてしまうとその強烈な匂いがついてガルプマンと呼ばれる、味と匂いは卑怯だ!など、一部のアングラーからは反感?もあるシリーズとなっておりますが… そんなの関係ねぇ!!釣れるんだからいいじゃない!! はい、すみません取り乱しました。 え〜…このワームの特徴としましては大きなパドルテール部分です。 そのまま使うのもいいのですが名前の通り「アジャスト」し、その場に適した形で、当てはまる形で使用できます。 まさに良い意味での「適当」!をその1つのワームでできてしまう反則ワームです! パドルテール部分の中央を切って使うと甲殻類系を演出して使用することができ、輪の片方を切って使うとカーリー系としてアピール力を強めて使用することができちゃうのです! 私自身ロックを始めてからとにかく好きなワームになりましたね。 塩津さん言わく…あまり人気ないアジャストハント…と一部動画でコメントしているシーンがありましたが、他にも色々種類があるガルプシリーズの中でも私の中では常に1番!のワームです。 この他にも「パルスワーム」、「パルスクロー」と人気の高い鉄板存在ワームも多々あるのですが今回は省かせていただきます。(メーカーさんごめんなさい) 現在は品薄の状態が続いているようですので見つけたら即買いでいきましょう!w 2.マックスセント フラットノーズジャークシャッド 5inch 参照:https://anglers.jp/tackles/lures/46548 こちらはBerkleyのマックスセントシリーズのワームになります。 ガルプシリーズと同じく味と匂いを武器にしているのですが、ガルプシリーズのように汁だくの汁漬けではなくワーム本体の中にギューっと凝縮されて入っている感じで、強く潰したりするとやっと液体が出てくる感じの作りになっています。 そしてマテリアルにもこだわりがあり、簡潔に言うと発砲ゴム?のようなスポンジのような、ゴムの内部に味と匂いの液体を閉じ込め、なおかつガルプシリーズにはない艶かしい柔らかい動きを重視しての作りとなっているようです。 その中でも個人的おすすめなのはフラットノーズジャークシャッド5inch! うん…名前が長いのでフラノジャと呼びます。 (実は以前SNS上でピュアフィッシングジャパンフィールドスタッフ佐々木健太郎さんがそう言っていましたw) 昨年の釣果になるのですが、もう本当にこのワームばかり…ってくらいフラノジャで釣ってます。 こちらも塩津さんが出している、動画内ではあまり人気ないワームだと紹介していましたが、私は!大好きです! これさえあれば大丈夫!と謎の自信が湧くほど好きなワームです。 ただ、現在残念ながら世に出ている在庫限りのワームらしいので見つけた方は即買いをおすすめします! サイズダウンさせた同じ形状のフラットノーズミノーという4inchのワームはまだ手に入ると思いますので是非使ってみてください。 オフセットと組み合わせてテキサスリグでの使用も良しなのですが、個人的なおすすめはジグヘッドとの組み合わせです。 ベイトパターンがハマる時期なら無双も夢ではないこのワーム!是非見つけたら使っていただきたいワームです。 3.マックスセント ランチワーム 6inch 参照: https://www.purefishing.jp/product/berkley/pb-maxscent/powerbait-maxscent-lunch-worm-6inch-6.html 徐々にサイズアップしてきましたねw こちらのワームは6inch!なかなか大きいワームとなると使うのに抵抗があったり、どうせ釣れない!と決めつけている様な方も居るのでは!? 確かにアイナメに関して言うならば、ワームが大きくなるとフッキングが小さいワームに比べてほんの少しだけ難しく感じてしまうかもしれませんね。 ショートバイトが多発する渋い状況なら尚更ですが、ブラックバスの様に大きな口で一呑みにしてしまうソイ類やハタ類はハイアピールがハマればガツンと一発フッキングが決まるかと思います。 ただ、その逆で小さいワームには反応が渋いのに大きいワームにした途端バイトが…なんてこともあるのです。 そんな時は思い切ってこのワームを投入してみましょう! 素晴らしい魚が応えてくれるかも!?しれませんね。 大きめなワームになるのでツンツンの様な重量たっぷりなバイトが出ない場合は、焦らず少し送り込む余裕を持ってフッキングするといいかもしれません。 大きいワームは使うのに抵抗が…って方が多いのも事実ですが、チャレンジして実際に釣った時の達成感はまた特別なものがあるので機会があれば使ってみてください! 4.マックスセント キングテール 8inch はい…こちらマックスセントシリーズでは1番大きいサイズのワームです。 8inch…。かなり大きい…。 その艶かしい動きを最大限に活かして釣るワームなのですが、大きすぎる!w 大きいワームで釣りたい!というチャレンジ精神に火をつけるワームですね。 初場所でサーチ目的で使いサイズを下げていく…という使い方を私はよくやるのですが、やる気のある個体が多いエリアだとこのサイズでもお構い無しにガンガンバイトが出ます!! その中でもこのカラーが好きでよく使っています。 カラー名「プラムアップル」! フルーティーなイメージを連想させる名前とは裏腹に、流石はマックスセント…。袋を開けて匂いを嗅ぐと見事にそこは裏切ってくれる最高な臭さ! もちろんリグを組む際に持てば指にもしっかりマーキング。釣れた後にワームを外す際にもマーキング!思う存分、心ゆくまで、なんなら帰りの車の中で残り香まで、その匂いを楽しんでください。 Berkley(バークレイ)以外でのおすすめワーム(私的観点) ここから紹介するのは自分が主に使っているBerkley(バークレイ)ではないメーカーのワームとなります。 もちろん色々なメーカーがありここでは紹介しきれないくらい、あれもこれもと紹介したいワームが沢山あるのですがその中でもお気に入りなワームをチョイスします! 気になった物があれば皆様も是非使ってみてください。 5.DSTYLE(ディスタイル)トラスター 3.8inch 私がこれを手にしたのはこの形状が面白いな〜と思ったのがきっかけでした。 自分の中では特別なワームとして今でも隠し持っていますw トリプルテール…シャッド系とクロー系の融合且つボディー形状がフラットな作り。大きなテール部分には中空部分があり水中では威嚇する甲殻類系を演出。 巻きでも激しく動くそのテール部分は日中の釣りでは勿論のこと、ナイトロックでもその強波動は武器となり魚を呼び寄せてくれることでしょう。 時期的なものもあるかと思いますが、ソルトだとカレイ稚魚がベイトとなる時期もあります。 カレイは砂地の底でじっとしているイメージが強いと思いますが、結構夜になると泳いで動き回っているんです。ヒラメも同じくその様な個体が多い模様です。 その時期は特にこのフラットな形状なワームが効くと思います。ひとつは持ってて損はしないワームだと思いますので、気になった方が居たら是非手にしてみてください! ランカーサイズ降臨のきっかけになったら…最高ですね! 6.MAGBITE(マグバイト)スナッチバイトシュリンプ 4inch このワームも私の中でお気に入りで、特に昆布地帯を攻める時は多く使います。 オフセットフックの先端が隠れるようにワーム上部にスリットがあり針先を干渉させることなく昆布地帯を攻めることができます。 細かい1本1本の足が微波動を出し固めなボディーに似合わず水中ではまるで本物のエビです。 そしてこのワーム…なんと内部に見えてる内臓部分と外側を覆う体の部分とに分かれた二重構造! 針持ちも良く、透けて見える中の部分はリアルそのものな造形のワームなんです。 見た目だけで魚の食い気を誘ってくれるであろうこのワーム。 こちらも是非見つけたら使っていただきたいワームです! さいごに ここまでご覧いただきありがとうございました。 紹介したいワームの一部となりましたが気になったワーム…ありましたか!? 今年もまた大物探し求めて北へ南へ東へ西へ…。 まだまだ寒い時期が続きます! 体調管理、怪我、特に注意が必要な季節ですが魚はそんな海の中でも元気に過ごしています! 安全第一で釣行しましょう! 今年も元気に楽しく!٩(.^∀^.)งLet's Rock Fishing!! #{snippet[4]}
【クロスマーケティング社との調査結果について】日本の釣り人報告
2022年01月11日 釣具・タックル NEW!
【クロスマーケティング社との調査結果について】日本の釣り人報告
みなさんこんにちは、アングラーズマガジン運営事務局です。 いつもはお知らせくらいでしか出番のない事務局ですが、本年は少々気持ちを入れ変えて、釣り業界の現状とこれからについて、ですとか、アングラーズとして今後やっていきたいことや、いま頑張っている取り組みなどについて、不定期ながら発信していこうと思っています。 このマガジンが気になった方、時間つぶしのお供をお探しであればご笑覧くださると幸いです。 もくじ 釣り人について我々が思うこと 日本の釣り人について 調査の詳細を少しだけ おわりに 釣り人について我々が思うこと 知らなかった人も多いかと思いますが「釣り人から最も必要とされる企業となる」これが実は我々アングラーズの使命であったりします。 この使命を達成しつつ、釣りを始めとした趣味やライフスタイル全般に良き影響を及ぼし続けるという野望を抱き、我々は日々頑張っております。 すると、当然の疑問が出てきます。「我々を必要としてくれる釣り人のことを我々はどれだけ知っているのか?」というものです。 どういった釣り人にサービスを使って欲しいのか?その釣り人は日本人なのか?あるいは女性なのか?男性なのか?両方だとしてどんな釣りをしていて、どこに住んでいるのか?といった浮かんでは消える疑問です。 知りたいです、本当のところを。そして知るためにはそれらの疑問を紐解くための、とても大事なカギが必要になりました。 それは「そもそも、一体全体、釣り人はどのくらい存在しているのか?」ということです。 個別の釣り人のことを考え始めると、考えれば考えるほど深みにはまりそうですが、こうした疑問は定量的なものと定性的なものに分けることができそうです。 なので、疑問を整理して、よりよきサービスに進化できるように、株式会社クロスマーケティングさまと協力し、あるタイミングで釣り人についての定量的な調査を大掛かりに実施してみました。 日本の釣り人について では早速調査結果をお伝えしていきます。 日本の釣り人口:9,724,631人 日本国内の釣り人が一年間で釣り具に支払う金額の合計:8,175億6,300万円 (いずれも株式会社クロスマーケティング・株式会社アングラーズの共同調査による) 筆者がなんとなくイメージしていた数値よりも随分と大きいため、結果を見て少々驚いた覚えがあります。 よく比較対象にあがる「ゴルフ」は、日本国内では、780万人、用品市場規模は2,000億円程度、と言われています(出典:「2019世界のゴルフ市場レポート」矢野経済研究所)。 ゴルフに比べ「釣り」は人口で約3割多く、用品市場規模では4倍とかなりのものになっていることがわかりました。 東京23区の人口が2021年12月時点で960万人と言われておりますが、それに匹敵する人数が日本各地で、もしかしたら世界中でも釣りをしているようなのです。なかなかのものですね。 調査の詳細を少しだけ この調査について、少しだけ解説します。 今回、釣り人口を算出するにあたり、釣り人を三つのレイヤーに分けて考えました。 まず、頻繁に釣りに行き、釣り具も購入する「ガチ勢」。 次に「ガチ勢」ほど熱心というか必死ではなく、程よく楽しんでいる「ミドル勢」。 そして年に多くても数回あるかないか、気が向いたら釣りをするといった「ライト勢」。 この三つです。 それぞれの定義は、釣行頻度に依ることとしました。ガチ勢=月に二回以上、ミドル勢=月に一回〜半年に一回程度、ライト勢=年に一回程度、という区分です。 そしてその内訳は以下と判明しました。 ガチ勢 :2,878,490人 ミドル勢:3,092,432人 ライト勢:3,753,707人 合計  :9,724,631人 日本の人口は2021年末時点で12,580万人のようですので、日本人の約13人に1人が釣りをする人、43人に1人は「ガチ勢」がいる計算になりますね。 43人というのは、人が多い時の路線バスの収容人数くらいでしょうか。何気なくバスに乗っていて「この中にめちゃくちゃ釣りをする人が一1はいる、月に一回以上確実に釣りをしている人がいる」と考えるとなかなかの割合ですね。 次に、それぞれのセグメントに属する人が、年間どのくらい釣りにお金を費やしているのかをみてみます。 ガチ勢:359,648(円) ミドル勢:125,569(円) ライト勢:34,646(円) それぞれ、月間に換算すると ガチ勢:29,970(円) ミドル勢:10,464(円) ライト勢:2,887(円) といったところです。なるほど。。。ガチ勢はそうですね、部署の会食費用くらい、ライト勢はその会食の一人当たりの負担額くらい、というと多少はイメージがつきますでしょうか。 おわりに みなさんはいかがでしたか?これらの数字が多いのか少ないのか、筆者には正直わかりかねます。 というのは、非常に残念でもあり、一方で誇らしい気もするのですが、筆者や近しい友人たちは粉うことなき「ガチ勢」であり、釣行回数は月二回で済めばまだマシ、消費金額については考えたくないくらいなので、適切な判断基準を有していないと思うからなのです。 この前提ではありますが、調査結果の人口や金額感について感じることは、ミドル層、ライト層がもっと釣りをすることで、そしてその人数が増えることで、釣り業界は盛り上がり、歴史ある産業として次世代にも引き継がれていくのではないか、ということです。 そしてそうなってほしい、と心より思っておりますし、また思うだけではなく、アングラーズ社としても有意義かつ効果的な取り組みを実施し続けていきます! 次回は我々の調査結果でいうところの「ガチ勢」と、ガチ勢に向けてアングラーズが提供していきたいサービスについてお伝えしようと思います。それではまた。 #{snippet[34]}
【ブラックバス】そのテクニックを身につけろ!ジャークベイトタックル編
2022年01月09日 釣具・タックル NEW!
【ブラックバス】そのテクニックを身につけろ!ジャークベイトタックル編
日々の釣行楽しくご安全に! 自分のことを生粋のジャークベイターだと思う男、フーミンです。 今回は、年中どの季節でも使え、更に冬の寒さが厳しい季節に輝くルアー「ジャークベイト」について書いていこうと思います。 もくじ ジャークベイトとは? 使用タックル 終わりに ジャークベイトとは まず、ジャークベイトとは、ミノープラグ(魚を模したルアー)の一種です。 主に「ジャーキング」というテクニックを使用し、水中でルアーをアクションさせて使うルアーのことを言います。 様々なメーカーから発売されており、水に浮く「フローティング」、ゆっくりと浮き上がる「スローフローティング」、水中で任意の深さで留まる「サスペンド」、水中に沈んでいく「シンキング」など、ジャークベイトの中にも浮力の違いによって種類があります。 また、ベイトフィッシュの大きさによって使用するルアーを使い分けるため、各社のルアーサイズを見ると概ね数種類のサイズを展開しております。 上記の浮力や大きさの他に、ダート幅(ジャークした際にルアーが左右に跳ぶ幅)もそれぞれのルアーで異なります。 例えば有名どころでは、SMITHWICKから販売されている「ラトリンログ」や、メガバスから販売されている「X-80」などは比較的ダート幅が大きいです。 ダート幅が大きい分、広範囲のバスにアピールする事が可能であり、アピール力も大きいと言えるので、活性が高いハイシーズンに使用することをオススメします。 一方、NISHINE LURE WORKSから販売されている「ERIE 115SD」や、「ERIE 95 SD」、メガバスの「VISION ONETEN」などはダート幅が小さく、よりナチュラルな動きをします。 動きになかなか反応しきれないバスや、真冬や初冬などの低活性な時期に使用すると良いでしょう。 ダート幅の違いは、各フィールドでのブラックバスの状況を見極めて使い分けると良いと思います。 使用タックル 「ロッド」 ジャークベイトで使用するロッドに求められることは「ジャーク」のし易さです。 ジャークがし易いロッドを使用するかどうかは、ジャークベイトを使用する上で重要な事柄です。 ロッドの長さは、使用される方の身長によって異なりますが、6ft~6.6ftまでのロッドをオススメします。 ジャークアクションは、ロッドを下に振る動作が基本のため、ロッドを振り下ろした際に、地面や水面に付かないロッドレングスが理想的です。 次に、ロッドパワーは使用するルアーウェイトによって異なります。 重いウエイトのジャークベイトを使用する場合はM~Hのロッドを使用し、小さく軽いジャークベイトを使用する場合はL~MLを使用すると良いでしょう。 使用するロッドの適用ウエイトや、ルアーの重さを確認して選択すると良いと思います。 ロッドのテーパーはレギュラー~レギュラーファーストを使用するのが一般的です。 ルアーコントロールがし易く、ジャークする際に適度にロッドが曲がり、ルアーに過度な水抵抗を与えないようなロッド調子が理想的です。 「リール」 110㎜以上の長さや、ルアーウエイトが重いジャークベイトを使用する場合、一般的にはベイトリールを使います。 110㎜より小さく、ルアーウエイトが軽いジャークベイトはスピニングリールを使用します。 ギヤ比に関しては、ローギア~ノーマルギアを使用するのが一般的で、エクストラハイギア・スーパーハイギアなどの高ギア比のリールは使いにくいかもしれません。 理由としては、一巻きあたりの巻き取り量が多いリールを使用すると、ジャークをしながらラインを巻き取る際に、この釣りにおいて非常に重要なポイントになるラインスラックを巻き取りすぎるからです。 ラインスラックを巻き取りすぎると、ジャークベイトに不自然な動きをさせてしまうのです。 もちろん、エクストラハイギアのリールでも使えないことはないので、その人の釣り方や技術レベルによって選べば良いと思います。 「ライン」 ジャークベイトは、ロッドを操作してルアーをアクションさせるため、ロッド操作をルアーに伝え易い張りのあるフロロカーボンラインを使用することをオススメします。 ベイトタックルの場合、フロロカーボンラインの10lb~16lbを使用するのが一般的です。 スピニングリールだと、フロロカーボンラインの4lb~6lbを使用します。ルアーウエイトや使用するフィールドの状況によって使い分けると良いでしょう。 また、「フローティング」のジャークベイトを使用する場合や、ルアーをあまり沈めたくない時、ルアーに過度なアクションをさせたくない場合は、ナイロンラインを使用します。 ナイロンラインはフロロカーボンラインに比べて比重が軽く、伸びやすいです。 フロロカーボンラインだとラインの重みでルアーを沈ませてしまう場合がありますが、ナイロンラインだとそれはありません。 おわりに いかがでしたでしょうか。今回はジャークベイトで使用するタックルをメインに書いてみました。 個人的な意見も多く含まれておりますので、ご参考程度に読んでいただければと思います。 かく言う私も、ジャークベイトはまだまだ勉強中です。自分の新たな武器の一つになれば良いなと思い、日々精進しております。 次回はオススメのジャークベイトやアクションなどを書こうと思います。ではまた。 #{snippet[29]}

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード