【オフショア】オフショア釣行記-タチウオジギング編

2021年08月10日 公開
2021年08月11日 更新 釣行記

【オフショア】オフショア釣行記-タチウオジギング編

どうもこんにちわ、t.onumaと申します。オフショアゲームを本格的に始めて4年目、まだまだ駆け出しで、だいぶへたくそだったりします。

東京湾、相模湾でのオフショアゲームをメインにしつつ、年に何回かは遠征に出かけたりする、ルアーフィッシング中心の釣り人生を過ごしています。

今回は新しい試みとして釣行記録を記してみたいと思います。

釣行記録第一回の今回は、以前「はじめてのオフショアゲーム」でも取り上げたタチウオです。どうぞよろしくお願いします。

はじめに

はじめに、なのですが、オフショアの釣行記録って、いやオフショアに限らず公開の仕方は難しいですね。

一番の問題としては「公開することにより場が荒らされてしまう」という懸念とどう向き合うか、でしょうか。とりわけおかっぱりのポイントなんかには当てはまると思います。

また、オフショアでは「この釣り船がメジャーになったら自分がいきたい時に行けなくなる」等の意見を聞く時があります。気持ちはわからなくもないですが、操業するのに燃料費がかかったりする釣り船であれば、連日満員の方がありがたいわけですよね。それならば声を大にして応援してあげた方がいいのではないでしょうか。

情報を積極的に公開することにより、むしろ釣り人間で情報の非対称性がなくなり、該当する釣りの知見が増えたり、いい方向に向かうケースもあると思います。いずれにしろ情報は多い方が釣り人も増えるきっかけにもなるだろうし、釣り業界が活発になると思います。活発になることで競争が生まれ、新陳代謝も促され、新しい会社が勃興したりと、釣り環境にはいいのではないでしょうか。

一方、人が増えることで弊害もあります。それは目に見える形で場が荒れること、例えばゴミを放置していったりする心なき人々の存在です。あるいはトラブルを起こしてその場所での釣りが禁止されたり、乱獲とも言える過剰な採捕等もあるかと思います。この点は完全に同意でして、こうした事態を引き起こす可能性は排除したい、ゆえに釣果情報は公開したくない、という意見は至極真っ当だと思います。

これに関しては、発信者次第だと思います。例えば、原則釣りはしていい場所や、注目されていないだけで実は腕がよい釣り船であれば、その情報の受け手がどう考えるかを熟慮した上で適切な手法で公開するのがよろしいかと思います。

個人的にできることは、情報を出す際には注意喚起をしつつ自分のマナーを磨き、一緒に釣りをする人に感じてもらうということをこれからも心がけ、情報を発信していこうと思います。

本稿をご覧になった方々が「やってみたい」気持ちになり、少しでも多くの船宿が潤うことを、そしてコロナ禍が沈静化したのちに地域の活性化につながることに微力ながら貢献できることを期待しております。

では、前口上が大変長くなりましたが釣りの話に進みます。

準備編

オフショアでの釣りを初めた当初、東京湾のタチウオは何回か行きましたが、昨年はコロナの騒動もあってか1回のみ。1年ぶりの釣行です。

前回は新山下の渡辺釣り船さんから出船しまして、まさかのボウズ。

その時のタチウオのベイトがマイクロサイズで、TGベイトの40gや60gに好反応だったものの、そういう時に限ってタングステンジグのケースを持参し忘れるという展開でした。持ってれば釣れていた、はず。

残念でしたが、次回以降の反省材料としてとっておいたものを1年越しでようやく使うこととなりました。

タングステンジグ、フック、タックルは問題なしとして、前回気になったのが80-150gのジグのバリエーション。タングステンでしか釣れない、というわけでは当然ありません。

アクションがダメだったりもしたでしょうし、あと一歩を埋める何かがかけていたのは明白。なので準備万端にします。

80g4本、320g

100g2本、200g、合計520g

120g7本、840g、合計1,360g

130g10本、1,300g、合計2,660g

150g6本、マサムネは155gなので950g、合計3,610g

ジギングの際、これだけ持っていっても使うのはわずかなのに。。。と毎度思う物量ですが、タチウオの場合は結構使うのでこれでも足りないかも、と思います。

多分、問題なのは外れカラーを多く持っていること。これを排除できる経験値を積めば物量は少なくなる、はず。

まぁ、これの他にもタングステンジグが1.2kgくらいあるんですけどね。

ですので、都合5kgを超える、ビッグすぎる新生児なみの重さのジグを抱えてGOです。

タックルはシマノの炎月リミテッドとソルティガSJ-2との二本体制で行きます。炎月は20m前後の浅場でのタングステンおよびスモールジグ用、ソルティガは130gがメインとなる主戦場用です。

リールはそれぞれカルコン101にPE1.2のフロロ20lb、201DCにPE1.5号のフロロ25lbです。リーダー切れがくれぐれも発生しないことを祈ります。

実釣編

最近のトレンドとして、東京湾を南下→10m前後の浅場→60mくらいの水深という撃ち方みたいですね。

船宿から一路南下、ポイントを目指します。一時間ほどで走水近辺に到着。まずは浅場からです。水深は13mとのこと。

捲土重来を期して放り込みます。TGベイト60gです。

しーん。。。

同行した友人は数匹キャッチです。水深13mで100gのジグぶっこんで「着底わかんなくないですか」とか文句言いつつもキャッチ。

ジグはダイワの鏡牙ベーシック、ムラピンゼブラだったようです。

しばらく試して全体的に成果があがらないようですので、移動となりました。爆釣を期待したタングステンスモールジグ作戦は見事に不発です。仕方ないですね。。。

以降は60m程度のポイントを転々とします。走水のあたりですね。深くなったのでジグは130g前後ですね。色はセオリー重視の上、実績のある順から試していきます。

ジグのアクションは考えられる材料を全て組み合わせて試します。

・ワンピッチ、2ピッチ、ハーフピッチ:異常ありません

・超高速巻き:異常ありません

・デジ巻き:異常ありません

どうしたことでしょう。これらを組み合わせながら2時間ほどありとあらゆる手段を試しましたがウンともすんともいいません。

周りでもほぼ釣れておりません。10:40底なので仕方ないのでしょうか?

ごく稀にかかるのはピンクにゼブラとかグローが少し入ったジグのようです。浅場での成果が引き継がれているようです。

その後も釣れません。なので半ば諦め気味にゆるゆるとただ巻きしてたらバイト発生。ここまでたどり着くのになんと4時間です。

新品でしたのでバイトだったのは明らかですね。

ようやくヒントを得ることができました。この後はバイトがあった50-40m台をゆるゆるリーリング&フォールで、断っても断っても来る営業マンのように往復させていたところ、一瞬ミスってボトムまで落としてしまったら大きめのバイト発生です。

釣れたのはちっちゃかった。

--

ロッド:ソルティガSJ-B2

リール:19カルコンDC201

ライン:DUELハードコアX4-1.5号xフロロ25lb

ルアー:ダイワ鏡牙RFMGレッドヘッドピンクグローベリー

--

この後も30分ほどは沈黙でしたが、ぼちぼち昼ごはんタイムのようで、昼過ぎあたりからタチウオな皆さんも活動開始のようです。

前半戦を終え、後半を迎えた時点でわかっていたことは以下です。

・派手なジャークやアクションは多分無視される。周りで釣っている人々は「それジグ動いてませんよね?」くらいのアクション。時計で言えば7時から9時までしかロッドを動かさないようなぷるぷるジャーク

・ピンクはよさそうだけど小さいのしかバイトしてこない

・グローはあった方がよさそう

くらい?何もわかってないも同然な気も。。。w

なのでヤマをはります。ぷるぷるジャーク≒ぷるぷるアクションということと、動かした時のバイトは垂直方向にあがるものへのバイトだったことを考えると、これです。

使いたくなかったが。。。TGベイト120gです。

振り返って冷静に考えると、左右非対称の鏡牙でよかったんちゃうん?とも思いますが、こちらでスローリトリープを開始しますと即座にヒット。しかも連発です。

一発目:40mでバイト発生→20mほど巻き上げるもフックアウト。ドラグが緩かったので途中で締め直したら脱走。いやいや、ごめんね

二発目:ほぼ同じ水深でバイト発生→強めのファイトでフックアウト。ポンピングしないほうがいいんじゃない

三発目:またもバイト発生→2度あることは3度あってフックアウト。

懲りもせずあと3回かな、4回か?バイトが発生するも全てフックアウト。

中乗りさんなんて5回目あたりからはタモアピールを無視するようになってくれました。その瞳には「どうせバレるんだろ?」という嘲りというか蔑みのような色すら浮かんでいたように思えます。

加えて8回目のチャレンジでルアーロスト。着底の瞬間ぶっちぎられる最悪の展開です。人間関係の構築に失敗した挙句、財産まで奪われる悲しみを皆さん味わったことはございますか?そんな気分です。

やぁ、こまったな。何よりここまでバラしが連続するのは人生史上初の快挙です、勿論、悪い意味で。さすがに怪しいのはフックです。

こうバイトしてきてるだろうから、食い上げられたらそりゃ抜けやすいですよね。

しかもトレブルなので、おそらく一本しかフッキングしていない、はず。ロストもしたことだしルアーチェンジです。

ほら釣れた。

「あれ?ルアー変えてなくない?」そう思われるでしょう。これは180gでフックは4本針なのです。

テールが口に刺さっていないので、ルアーの姿勢が一瞬変わった際のバイトなのでしょうね。

フォールあるいは、やや横向きになった際のバイトであれば二箇所でフッキングできるのでバラシも減りますね。

さぁ、連発、と思いましたが、ここで打ち止め。あとはユムシ釣れたりで終了。お疲れ様でした。

2キャッチ、1外道、しかも魚以外、8?9バラシとなかなか散々な結果でした。本当にお疲れ様です。

この日のトップの方は15本と、あまり振るわなかった様子。バラシも全てキャッチしていたら11本だったな。。。と意味の無い慰めを施してみましたが、貧果は貧果。

うまくなれるように、と欲張る前に、まずはド下手なのを脱出できるよう頑張っていこうと思います。

まとめ

・前々回はマイクロベイト、前回は泳層というカギを攻略できれば楽勝だったくさいのですが、今回はなんだったのでしょうか

・それほど泳がない個体を狙う共食いパターンだとすると、ロングジグの低速巻きが一番効いたんじゃなかろうか、と今になると思います

・個人的見解ですが、タチウオジギングって管理釣り場のトラウトに似てる気がします。ある程度は連発するけどスレるし、ルアーがセレテクティブなあたり、いつも「似てるな」と思います。成果を出すには万全の準備と、経験を積んで自分の中の引き出しを多く備えることが必要なのでしょうね。まだまだ頑張ろうと思います。

船宿紹介

今回は深川の吉野屋さんから出船です。久しぶりに来ましたがいいですね。列挙しますと、受付が綺麗、装備充実です。

レンタルタックル・ライフジャケットは相当充実しています。

氷もある程度は用意してくれております。ただ、自前でも用意したほうが夏場は無難かと思います。

桟橋と船が近く、非常に乗船しやすいです。慣れて無い方にはありがたいですね。

また、駐車場も近くて広いため運転下手な人でも安心、ファミマも近いというか受付の店舗の目の前だしとても便利です。加えて、船中でのゴミも、船宿で回収してくれます。

2年有効のポイントカードもあって、6回分たまると7回目は半額になります。タチウオで言えば60,000円で5,000円キャッシュバック同等なので還元率は8.3%。いいんじゃないですかね。

気になった方は行ってみてください。ではまた。

#{snippet[19]}

釣行記の関連記事

【ブラックバス】タフコンディション攻略〜霞水系編〜
2022年01月17日 釣行記 NEW!
【ブラックバス】タフコンディション攻略〜霞水系編〜
皆さん、あけましておめでとうございます! - Haru -です。もう皆さんは今年の初バスはキャッチされたでしょうか?- Haru -はこの記事を書いてる時点では初釣りには行けてません。。。 完全に冬になり、かなり冷え込んで、なかなか口を使ってくれないバスたちです。 昨年のことですが、そんな厳しい状況の霞水系、新導入タックルのテストを兼ねた釣行記録を記事にしてみましたので、お付き合い下さい。 もくじ 霞ヶ浦 東岸ポイント 霞ヶ浦 西岸ポイント1 霞ヶ浦 西岸ポイント2 霞水系 おわりに 霞ヶ浦 東岸ポイント 霞水系全般に言えることですが、年末~年明けくらいまでは、まだ動けるバスが多く様々な釣りが可能かと思います。 狙い目は、フィーディングタイムや時合いと言われる早朝の暖かい日差しのタイミングや昼過ぎから夕まずめの時間(今だと14:00~16:00くらい)が一番バイトが出やすいと思います。 まずはこういったストラクチャーやカバー周りを丁寧に探ってみました。 タックルは以下です。 ロッド RAID JAPAN GLADIATOR Anti GA-610MC Joker  リール DAIWA STEEZ CT SV TW 700HLDAIWA STEEZ CT SV TW 700HL  使用ルアー RAID JAPAN エグダマ タイプ極レイドジャパン エグダマタイプKIWAMI  枝の隙間にシェイクフォールさせながら落としていきました。 ・・・何のアタリもありません・・・。シーン・・・としたもんです。 ここではベイトも見えず、生命感すら感じないので移動!! 霞ヶ浦 西岸ポイント1 次のポイントでも同じようにスモラバのシェイクフォールで探ります。 チョン・・・コツン・・・。お!?当たった!! ・・しかし小さいのか食いが浅いのかそもそもギルなのか分かりませんがフッキングするも乗らず・・・(泣) 釣行日は気温も暖かく朝のタイミングでは浅いところに入ってきている反面、時合を逃すとどこにいるか分からなくなってしまう、口を使わなくなってしまう!! ならば、リアクションで食わせようと思い大きくポイントを移動!! 霞ヶ浦 西岸ポイント2 葦際ギリギリにルアーを入れてみます。 ここで使用したタックルは以下です。 ロッド RAID JAPAN GLADIATOR MAXIMAM GX-72MH +C BALTORO heat2  リール DAIWA ZILLION SV TW 1000HLDAIWA ZILLION SV TW('21) 1000HL  使用ルアー issei AKチャター トレーラー Bottomup ヴァラップスイマー3.3 ルアーを落として、ジグスト風に泳がせてくると・・・ ゴンッ!!!?ラインが走る!!しっかりフッキングもしてちゃんとのった!! 葦際に潜んでいたバスが横から激しくひったくりバイトしてきました!! 昼過ぎになり、やっとのとこで念願の1本釣れました!!カワイイサイズでしたが・・・文句はいえません!この時期の貴重な1本!! 霞水系 釣行日最終ポイントにしたのは、実績もある杭のあるポイント! このポイントは岸際が階段状になっており、沖に行くにつれて徐々に深くなっていきます。 ここでドラマフィッシュを狙うべく、RAID JAPAN G.i(色:PINK TRICK)レイドジャパン g.i を杭周りを丁寧に首振りドッグウォークさせる!! が、何もおきず・・・・・。 やはりリアクションかと考え、強めに RAID JAPAN MAX blade Powerタイプ チャートRAID JAPAN MAX blade Powerタイプ チャート にトレーラー Bottomup ヴァラップスイマー3.3を投入!! 岸際の階段もゆっくりジグスト風に泳がせる!! ・・・むー!!!何もない!!! こうなれば居る場所は1つ!沖のディープ!! 遠投して沖をゆっくりデッドスローに底をズル引きしてきたら・・・!!ゴンッ!!!?激しくバイト!! フルフッキング!!! ・・・プチン・・・('Д') ラインブレイク・・・。 ルアーもロスト、サイズもよさそうだったが残念ながら日没になりストップフィッシングとなりました。 おわりに 毎年の事で分かってはいるが、やはり厳しい!! しかし、寒くなったせいか釣り人は減少し、人的プレッシャーはそんなにでもないのかと思います。 一方クリアアップが進みバス側から見つけやすくなってしまうのもありますよね・・・。 ところで2022年になりましたが、みなさん目標はありますか? - Haru -の目標は!! 「ANGLERSを盛り上げる事!」 また、より多く、より大きなバスを釣りたいのはもちろんですが、今年は「色んな大会に参加!」出来ればと思ってます!」 ここ最近、フィールドや釣具屋さんで声をかけていただける事もあり嬉しく思います。 本当に気軽に声をかけて下さい!釣りのお誘いも是非!! 最後に、私事ではございますが、この度、釣具総合メーカーZPI様が展開されておりますZELOSコアテックモニターをやらせていただく事になりました事をご報告させて頂きます。 それでは今回は、この辺にしておきます。 次回「タフな冬攻略~野池編~」を記事にしてみたいと思います。 皆さん、今年も良いフィッシングライフを!! - Haru - #{snippet[X]}
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!最終回!!
2021年11月30日 釣行記
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!最終回!!
皆様こんにちは。釣りが好きなんです、です!秋爆釣行記最終回です。 今回は家族で夢の国に旅行に行くついでに東京湾奥メジャースポットでの遠征釣行と前日の地元での釣行内容をお伝えして行きます! では、今回も宜しくお願い致します。 今回はどのルアーが猛威を振るうのか?! もくじ 遠征前の肩慣らし 道中寄り道と下見は不発に終わる いざ始まる最終決戦 突如猛威を振るう鉄板バイブ 後ろ髪を引かれながら現地を後に、、、 おわりに 遠征前の肩慣らし 遠征日当日は夜中も夜中0時頃から活動開始です。遠征が楽しみで夜寝れないのが原因です。 家から5分の川でちょっとだけやって疲れて眠る!!を狙います。現地に着くと橋脚明暗が空いていたのでエントリーしました。 投げるルアーはロンジンのハイスタンダード120F!下げがもう少しで始まるナイスタイミング。 ドリフトでゆっくりアップから明暗に入れる作戦で狙います。 この場所の橋脚足元はゴミが引っかかっているので流しすぎるとルアーロストしてしまうデンジャラスポイントです。 徐々に下げが始まり、デッドスローでは反応が無い中で流れが出始めた時でした。 ミスキャストによりゴミにかかりそうになったので明暗を早めにドリフトさせて危険ポイントを回避しようとした瞬間!!ぬめっとした感覚と共に重みが伝わりました。 「あっ、やらかしたゴミに引っかかった、、、」 そう呟きながらロッドを煽ります。 「ん?動くな、、、木に引っかかったか。」 リールは巻けるので完全に流木に引っかかったな。っと思い、テンションかけながら手前5メートルくらいまでゴリ巻きします。 もうちょいで流木が見えるかと思った瞬間、水面で盛大なエラ洗いが起きました!! 「シーバスだったぁ!?」 流木かと思った正体はまさかのシーバス!! どうやら途中まで釣られたことに気が付いてなかったみたいです。 テールフック一本しか付いていなかった為、慎重にやり取りしてゲットした一本。 アタリがわからなすぎた為、バレなくてラッキーな釣果でした。50センチ! リリース後、すぐにミスキャストし活躍したハイスタンダードが殉職、、、 やっちまったなぁと次のルアーである、コアマンデカカリシャッドをチョイス。 理由はワームなら危険ポイント回避しやすいと考えました。よりタイトに攻められます。後、沖堤ピンクはワーム界最強。 数投後、かなりタイトにキャストが決まり、さっきのパターンで魚がいれば喰うでしょこれは?! っと言える程のトレースコースで集中すると、、、 「ガツン!!」 今度は明確なバイトです!フッキングと共に危険ポイントから一気に引き剥がし、手前で疲れさせて無事ランディング!! 60センチのナイスコンディションでした! まだまだ出せそうでしたが、後6時間後には旅行に行くのでこれ以上は妻に怒られる為納竿となり、いい気分で3時間ほど睡眠を取りました。 道中寄り道と下見は不発に終わる そして、9時半頃出発しました! 移動中、上州屋や、キャスティングと合わせて5件巡るというアングラーなら夢の旅路(笑) その中から2店舗ほど紹介を。 「東京のキャスティングならキャスティング品川が最強!」 ブローウィンやガボッツもしょっちゅう入りますよ!私のブローウィンはここで買えました! コアマンvj が欲しい!そんな時はキャスティング品川へ!しょっちゅう入りますよ! カゲロウが欲しければキャスティング品川へ!!しょっちゅうオリジナルカラーが入る神店舗!!(この日は無かった、てか私が店を出た後カゲロウ124 が入荷したとメルマガありました、、、) まぁ、この日は人気ルアーはありませんでしたが、メルマガ登録して間違いない店ですので、東京住みなら是非登録を!! 「24時間営業のスーパー店舗!!上州屋東陽町店」 この店はYouTubeでも出て来たりする24時間営業の上州屋ですね。 品揃えも大変素晴らしく、初めて行きましたが、到着寸前になんとバクリースピンが入ったらしく、初めて購入する事が出来ました!ありがとうございます! 前日にはブローウィンも入荷していたそうです。 秋におススメのダヴィンチも大量にありました! 発売したてのダウズワンもありますね。 そしてお馴染みの場所で子供達撮影会(笑) こちらの店舗も是非メルマガ登録をオススメします! 後は妻の用事を済ませて明日の前調査も兼ねて夕まずめです! 結果から言うと寄り道しすぎてすぐ暗くなったのもありますが、そもそも爆風大シケで釣りになりませんでした(笑) 前日下見は不発に終わりました。 いざ始まる最終決戦 そして始まる最終決戦当日は、夜中3時からポイント到着です。 去年も同じような時期に来て、夜中から爆釣していたので期待を膨らませましたが、魚の反応は皆無でした。てかベイトすらいませんでした。 夢の国に行かなければ行けない為、7時までしか出来ないのもあり、多少焦りが出ます。 しかし、日が登り始めるにつれ、水面全体にコノシロが沸き始め、ざわつき始めます。 前回の記事の最後でも紹介したブローウィン140sをすかさず投入し、ジャーキングで誘います。 突如猛威を振るう鉄板バイブ ブローウィンを投入して数投しましたが反応が得られません。 すると隣にエントリーされていたアングラーの方にヒット!! 仲間と嬉しそうにヒットルアーについて話しています。 「鉄板バイブできたよー(゚∀゚)」 聞いた瞬間鉄板にチェンジ!そうです、私の記事にしょっちゅう登場しますハイコスパ神ルアー! "プライアル鉄板バイブ" 終了時間も迫っている為、釣れている人の真似をするのは当然!するとすかさずヒットしました! 50センチでしたが、遠征でボウズ回避の貴重な一本! すぐにリリースして再開し、すかさずバイトがありましたが乗らず、更には漁船が徐々に集結し、コノシロ以外散ってしまったのと、時間切れによりあえなく納竿となりました。 後ろ髪を引かれながら現地を後に ホテルに戻り、急いで釣具を洗い、水を切り、チェックアウトの準備を進めます。 泊まったホテルを前で朝日に輝く18ステラ(笑) そんな中、窓から見える海は状況が一変していました。 岸際ではシーバスの大規模なボイル。 100メートル沖では青物のナブラや鳥山が起きています。 あぁ、今投げたらいくらでも釣れるやつですやん、、、後1時間あれば、、、 っと後ろ髪を引かれながら夢の国に向けてホテルを後にしました。 いい景色や、、、ここに住みたい、、、 おわりに はい!と言う事で番外編含めると全5回でお届けした秋爆釣行記! 終わってみれば去年と違う状況にだいぶ苦戦を強いられました。 今回も出発当日の夜中に釣れていなければほぼ道中の話になる所でした(笑) 普段の私から比べると釣れている方なので、12月中頃までは諦めずに陸っぱりでの爆釣を期待してこれからも頑張っていきたいと思います! 今後、突然の大爆釣があれば、また別の形で釣行記を書きたいと思いますので、これからも応援していただけたら幸いです! では!またの記事でお会いしましょう! 夢の国は当日まさかの虫歯痛が発生し、苦しみながらも満喫出来ました(汗) #{snippet[14]}
【シーバス】東京湾秋爆釣行記!!第3話ボート編
2021年11月23日 釣行記
【シーバス】東京湾秋爆釣行記!!第3話ボート編
皆様こんにちは。釣りが好きなんですです。 今回は、前回ちらっと言いましたボートシーバス回です。 なかなか始まりきらないおかっぱりのコノシロパターンですが、流石に沖に出れば何か変わるはず!!っということで、今回約2年ぶり二回目のボートシーバスに行きました!! 果たしてビッグベイトゲームで大爆釣なるか?! タックルは前回のベイトタックルです。 こちらが今回の主力達です。 2年ぶり2回目という事で釣りに必死で、写真をあまり撮れず。。。(涙) 後撮りのルアー写真等ありますが、スルーして頂けたら助かります(笑) では、今回も宜しくお願い致します。 もくじ 朝から最高のスタートダッシュ 状況が変わっていく 移動中 突如猛威を振るう鉄板バイブ でかいシーバスがいない 終わりに 朝から最高のスタートダッシュ 朝マズメは河口からのスタートです。 見渡す限り、というと大袈裟かもしれませんが、シーバス船がそこかしこに浮かんでおります。合計6船はいたでしょうか。 かなり潮が効いていて、期待できそうな状況。 br>< /b>朝イチの先発は釣り仲間が今日のために貸してくれたルドラ130です。 ビッグベイトを投げたかったのですが、船長のアドバイスでとにかく1本釣果を上げる作戦です。1匹でも先に釣っていれば気持ちが楽になる、とのこと。 2年ぶりのボートでボウズは避けたいのでルドラが先発になりました。 開始して20分ほどでバイトが! 「食った!」叫ぶ私! 「外れた!!」一瞬でバレる魚!! 早々の魚からのコンタクトに期待が高まった2投後、、、 ガツンと引ったくるバイトでヒット! ナイスコンディションか暴れまくります。見えてきた魚体は55センチくらいか。 使用しているロッドがバリ硬な為、60以下だとあまり曲がらずファイトがし辛い! なんとかキャッチした本日のファーストフィッシュ! 仲間が貸してくれたルドラが早速活躍して最高のスタートです! 状況が変わっていく さぁ、幸先よく1本手にしてボウズは免れ、意気揚々とビッグベイトを持ち出します! 水面ではコノシロがわらわらしています。まずはコノシロペンシルから! 、、、、、、 全く釣れないんだが? 次!カゲロウ155f!! 、、、、、、 全く釣れないんだが? 次!ダウズスイマー180!!! 、、、、、、 全く釣れないんだが? っと、でかいルアーを次々に投げますが全く反応がありません。 気がつけば周りの船も次々と別のポイントへ移動していきます。 朝まずめの最高のスタートから一転暗雲が立ち込めます。 移動中 最初の場所から近場のポイントに移るも不発、更に遠目に移動していた最中、船長から 「今年は水温が高く、産卵を意識してるシーバスがいなくてコノシロだけ沸いている」 と聞きました。 ボートでこれじゃぁ陸っぱりが始まらないのも当然ですね。 移動中に撮ったANAショット!後ろのはANAの飛行機!このリップルクローも仲間が貸してくれました! そんなこんなで色々話しながら夢の国も通り過ぎてポイントに到着しました。 近々行ってきます(笑)そちらは秋爆釣行記最終回でちょろっと出てくるはず! 突如猛威を振るう鉄板バイブ ここでも多くのシーバス船がひしめき合っていました。 一応ビッグベイトを投げるも反応なし。 船長から反応が沈んでいるから鉄板が良いとの事でビッグベイトから一転、突然のナブラ用に持ってきた鉄板バイブをチョイス。 そう、私が最も使用率が高く、信頼しているハイコストパフォーマンス鉄板バイブ! 参照:アマゾン PRIAL(プライアル) SALT WATER メタルバイブ 26g  プライアルメタルバイブ(*´Д`*) 開始してすぐにヒットしました! んが、軽い、、、バリ硬ロッドが曲がらない。 すぐに浮いてきたのは50センチくらいのシーバス。 すると近くで鳥山発生! 周辺のボートが集結し、ナブラ打ち大会が始まりました。 しかしどの船も釣れているのは40〜50センチ。 私も45センチ、くらい?をバラしました。 その後深場の鉄板バイブにのみ反応するのでポツポツ3匹追加。 同船者も全て45〜50センチでした。 突如猛威を振るった鉄板バイブ、サイズは小さいですが、陸っぱりはこのサイズ1匹釣るのに1日かける事もあるので、嬉しいことには違いないです! この時点でルドラに一本、鉄板バイブで5キャッチ4バラし。他140ミノーにチェイス数回。 あれ?ビッグベイトパターン?とは? でかいシーバスがいない しばらくそのポイントでやっていましたが、反応薄くなった為、帰りながら反応のある場所を撃つ、という事で移動中、本日最大のコノシロ反応がある場所に遭遇。 他の船も続々と集まってきます。 ここしかない!急いでビッグベイトを投入します。 、、、、、、 釣れないんだが? 乗船した船はもちろん、周りも全く釣れていません。 コノシロも優雅に泳ぐだけ、シーバスがいない。 ここでビッグベイトは完全に終了し、数箇所撃って帰港となりました。 最終奥義ブローウィンジャークからのコノシロ引っ掛けからの泳がせも不発でした。 おわりに さあ!!というわけでお伝えしてきた第3話。 爆釣!ビッグベイトゲーム!! になるはずが まさかの鉄板早巻きゲーム になってしまいました、、、(号泣。これ、夏パターンかな? 同船者はダヴィンチで7回ほどヒットがありましたが、全てバレてしまいました。 サイズは全て55〜60センチで食いも浅く、すぐバレてしまったそうです。 今年はデカイのどこに行ってしまったんだ、、、 しかしながら釣果はバラし多数あったものの5キャッチは私的には満足いき楽しめました! 今回お世話になった方々、本当にありがとうございました! 今回の釣行記は次回で最終回となります!最後は去年朝まずめで爆釣した場所に遠征に行きます! 某プロアングラーがYouTubeにてブローウィン140Sの紹介動画で爆釣されている場所です。 これが次回の最重要ルアー達です。 記事になるよう頑張りますので、次回もお楽しみに! ではまたお会いしましょう(*^o^*) #{snippet[14]}
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!番外編
2021年11月08日 釣行記
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!番外編
皆様こんにちわ!釣りが好きなんですです! 本日は番外編という事で、秋のハイシーズンの序盤戦を、私なりの実釣結果のまとめと、簡単な今後の展開予想をして行きたいと思います。 秋シーバスはまだ2年しか経験してないので、妄想ばかりの予想ですが、、 番外編という事で短めにはなりますが、どうぞご覧下さい! では、よろしくお願いします! もくじ これまでの釣行結果 前年比 なぜ釣れない? 今後の展開予想 最後に これまでの釣行結果 ではまず、これまでの釣行結果です。 (補足として、1釣行大体2〜4時間釣りをしています) 前半の3釣行は何とか釣果を上げることができましたが、後の3釣行はあたりすら無い厳しい状況でした。 始まって間もないので、私が釣行中の現地の様子を見るに、釣れてるだけまともな方です。 前年比 前年と今の釣行比較です。 今回の釣行期間と、前年の釣行期間がほぼ同じでしたので、前年と如何に違うか表にしました。 いやー、、、 サンプルが少ないのですが、エグいくらい差がありますね(笑) しかも前年の30匹の内24匹は4時間程で釣れました。 これを見ていただけると今年は始まりが遅いというのがわかります。 なぜ釣れない? 何故釣れないか、去年とはまるで違う点を挙げて行きます。 1.ベイトがいない もはやコノシロパターンなのにコノシロがいません。 近場でかなりの数が溜まっている場所を知っていますが、そこは立ち入り禁止場なので入れません。 秋の主役がいないと話になりません。 2.ベイトいなきゃシーバス釣れません コノシロがいなければ当然捕食者も居ません。当たり前ですね。 3.釣り人増加 これは近年増加の一途を辿る釣り人口の影響により、スレてる可能性あり。 明るくなると沖にボートシーバス船が大量に居ます。 去年、一昨年と、比較的交通の便の悪さからあまり人気とはいえなかったホームも今では常に人がいます。しかも路駐だらけ(笑) 釣り人増加は多少影響あるかなと。 4.他の魚種も遅れている 太刀魚やイナダも例年に比べ、遅れています。2年前は行けば釣れた太刀魚やイナダが釣れません。 他も遅れているのでシーバスも遅れている? 以前は釣れた時期に行っても、見える範囲で釣れたのは私の一匹だけでした。 後は気温やら潮周りもあるかと思いますが、私はまだそこまで頭が回りません、と言うかまだまだデータが不足しています。 今後の展開予想 私の今後の展開予想予想ですが、11月の最初の大潮が勝負です。 そこで海がリセットされ、コノシロ、シーバスが入って来なかったら今年の私のホームコノシロパターンは終了ですね。 もし、両魚種が入ってきて、パターンが始まったとしても直ぐに終わると予想しています。 私の周りの釣り仲間も口を揃えて今年はダメかもと言っています。 お願いします、、、 最後に 本日は番外編として、釣行内容や比較、簡単な予想をしてきました。 毎年同じようにはいかないのが釣りの難しいところですが、何とか11月に状況が良くなることを願い、行けるだけ現地に行こうと思っています。 11月前半にはビッグベイト縛りボートシーバス、プチ遠征で東京湾屈指のポイントに行く予定ですので、引き続き、秋爆釣行記をよろしくお願いします! ではまた本編で! #{snippet[14]}
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!第2話
2021年11月05日 釣行記
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!第2話
皆様こんにちわ!釣りが好きなんですです! 秋爆釣行記第2話です。 前回ついに秋のシーバスをゲットし、意気揚々とホームに向かいます。 今更ですが、基本的にこの釣行記は私のホームでの実況となりますので宜しくお願いします。(11月にボートシーバス、プチ遠予定あり) 本日も朝マズメから釣行するチャンスを得たのでビッグベイトタックルと、スピニングタックルをサブにしての二刀流で出撃しました。 タックルデータ ロッド:アブガルシアホーネットスティンガープラス 744X リール:シマノ21スコーピオンDC XG ライン:ハードコアX4-2.5号 リーダー:フロロカーボン25lb スピニングは前回と一緒です。では、よろしくお願いします! もくじ 期待の朝マズメのはずが、、、 前日の雨の影響か? 一瞬のヒント 答えは早かった 不穏な夜 最後に 期待の朝マズメのはずが、、、 この日もまだ暗い時間でしたが、朝マズメに合わせて現地に到着しました。 準備を終えて最初に投げるルアーはこちら! メガバスカゲロウ155です。もはやこれしか釣れる気しないですね(笑) しかし、暗いうちはシーバスどころかシンキング系ルアーに変えてもコノシロ1匹引っかかりませんでした。不穏な立ち上がりでした。 そんなこんなで明るくなり始め、ビッグベイト本番が始まります。投げていくルアーはこちら。 シマノコノシロペンシル185です。 こちらは釣り仲間に綺麗にピンクに塗装していただきました!なんて存在感! 明るくなる中、ひたすら投げます。 こちらのルアーは95gある為、かなりの負荷が手首をおそいます。 しかし、頑張り虚しく前回のようにトップには何も反応ありませんでした。 痺れを切らしてルアーチェンジです。 ジャッカルダウズスイマー180です。 秋爆と言えばこのルアー!期待大で投げていますが、こちらも不発でした。 前回のようにベイトがいない、周りも釣れてない、シーバスの気配が全くない、期待の朝マズメビッグベイトは無情にも撃沈されました。 前日の雨の影響か? 実は前日雨が降りました。 その影響かは不明ですが、前回溜まっていたベイト、また、前回釣れた時間に回遊してきたベイトもいなく辺りはなんの変化もなく、釣れる気が全くしませんでした。 雨により、ベイトが別の場所に流れていった可能性大です。 一瞬のヒント 釣れる気がしない展開の中、現地に友達が合流しました。 釣れる気がしない中の話し相手は大変貴重で助かります。 しばらく時間が経ち、休憩がてら友達と雑談しながら岸際を見ていると、その日、日の出付近も回遊してこなかったカタクチイワシの群れが横切っていきました。 私「あっ、イワシ回遊してきたやん(°▽°)」 友「ほんとだねー( ´∀`)」 私「イワシ10センチくらいやからブローウィン125 投げるわ!!ブローウィンジャークする!!( ゚д゚)」 とにかく回遊してきたイワシにシーバスがついてきてくれてると妄想し、サブのスピニングタックルを持ち出し、サイズ感が同じなブローウィン125を流心までフルキャストします。 答えは早かった ブローウィンを遠投すること3投目。 (やっぱ飛ぶねー、14gで50m以上飛んでるよ) (この竿柔らかめだから140Sよりジャークしやすいなぁ、綺麗に横っ飛びする) (風強いし波あるけどただ巻きもジャークも破綻しないなぁ) この3投の間にこんな事考えながらジャーキングを楽しんでいたそんな時でした!! 着水してすぐさまジャーク、そのまま流心に入った瞬間です! ドンッ!!っとジャーキングが止まりました!! 「キタァ( ゚д゚)!!喰ったぁ(*゚∀゚*)!!」 私は全力フッキングしながら友達にすぐ伝えました。 重い!走る!、、、浮かない? いいサイズなのは間違い無いがエラ洗いしない。 首を振ってるのは伝わってくるが、ジャーキングによるスレ疑惑が浮上。 私「スレ掛かも知れん!口に掛かってたら青物かも!」 友「頑張ってぇ!」 と言って、すぐにタモを構えてくれていました。 数分慎重にやり取りして足元まで寄せ、姿が見えました。 「あっ、ガッツリハーモニカバイトで口が開かないからエラ洗い出来なかったのか(゚∀゚)」 絶対バレない刺さり方をしていたので、友達の協力で無事ネットイン! 66センチの体高ヤバ目のシーバスです。 写真撮ってすぐにリリース! 渋いながらもわずかなヒントから捻り出した貴重な1本です! サブスピニングタックル持ってきてよかったぁ!! その後は全く反応なく納竿となりました。 不穏な夜 「アホは釣れたら何度でも出撃する」 その日の夜もホームに現れたアホ。 風も強く、ベイトがいない、周りで釣れてる気配もない。 夜もとりあえずいつものようにカゲロウ155から入り、ローテーションしていきます。 しばらくやりましたが、反応が得られず早めに納竿しました。 片付け途中、現地アングラーと会話しましたが、皆さん口を揃えて状況が悪いとの事。 私の釣り仲間も今年は始まるのが遅いと予想していましたが、不穏な夜となりました。 最後に というわけで秋爆釣行記第2話をお伝えして参りました。 前回で始まったかと思った陸っぱり秋のハイシーズン。 しかし蓋を開けてみれば去年とは違い、いまいち始まりきらない状況です。 11月に入ったら状況は一変するのか?! はたまた今年は不発か?! 秋爆釣行記(笑)にならないよう、頑張っていきます! では、また次回! #{snippet[14]}
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!
2021年11月05日 釣行記
【シーバス】東京湾!!秋爆釣行記!!
皆様こんにちわ!釣りが好きなんですです! ボートシーバスや、地域によっては始まっている秋爆シーバス!! ついに私が釣行しているエリアも始まったので、「秋の釣行記」という形をスタートさせて行きたいと思います! この秋はなるべく早くリアルタイムでお伝えするように致します。 今回は色んな状況に対応する為、スピニングタックルです。 タックルデータ ロッド:シマノディアルーナ MB S900ML リール:シマノ17エクスセンス 4000MXG ライン:シマノピットブル12 1.5号 リーダー:フロロカーボン25lb 見事にシマノ(笑) では、よろしくお願いします! もくじ ベイトはいるけど釣れない 気温の低下 期待しかない釣行 ビッグベイトアングラーによるヒント 吹き飛ぶガボッツ150 ついに釣れた秋シーバス ナイトゲームは後少しか さいごに ベイトはいるけど釣れない 9月から10月初旬。 いつも行くメインフィールドには大量にベイトが入ってきていました。 サッパ、コノシロ、ボラっ子など表層ルアー以外だと毎投引っかかりそうなくらいです。 しかし釣れない、ベイトが大量にいても捕食者が全くいません。 この期間は約1ヶ月半で一匹くらいしか釣れませんでした。 気温の低下 10月に入り、流石にそろそろ釣れるだろうと行きますが、やはり釣れない。 しかし、ある日の家での何気ない家族の会話が状況を変えました。 私は釣れねぁなぁ、、、ボケェっとYouTubeで釣り動画を見ていた時です。 妻「明日から急に寒くなるらしいよー」 子「はーい」 みたいな会話をしていました。 それ以外の会話は全く聞いていませんでしたが、寒くなるだけは耳に入ってきました。 すぐさま気温を調べ、アングラーズで去年投稿した自分の釣果を調べます。 おぉ、気温が低い(゚∀゚) こちら当時秋爆した時の気温 こちらが釣れなかった時の気温 去年秋爆を経験した時の気温と一緒や(゚∀゚) これが合図か?!(゚∀゚) 次の日釣り仲間から連絡があり、「完全には始まっていないが、状況はかなり良くなった」との報告! ついにこの季節が来たか!?っと後日釣り場に向かいます。 期待しかない釣行 釣り仲間から連絡が来て数日後、この日は運良く、朝マズメから午前中、更にその日に夜釣行のダブルヘッダーが実現しました。 まずは朝マズメです。 現地到着5時、ほのかに明るくなっていく空を見つつ、最初にチョイスしたルアーはこちら。 最近ついに手に入れたガボッツ150です!初めて使うので楽しみです! 期待しかない釣行が始まります!! ビッグベイトアングラーによるヒント 開始してしばらく経ちましたが、全く反応がありません。 4時前からエントリーされている方もアタリすらないそうです。 ガボッツ150→ブローウィン140S→スイッチヒッター120→コアマンvj22など、ルアーを変更します。 持っていったルアーがことごとく反応なし。 そんな時、遠くの方にベイトタックルアングラーがエントリーしていました。 私は視力が良いため、明るければかなり遠くまでどのタイプのルアーを投げてるかくらいはわかります 完全にトップビッグベイトです。 心の中でビッグベイトアングラーを応援しつつ自分の釣りをしていると、ほんの数分目をそのアングラーから離したらあら衝撃もうヒットしている?! 早!!と思い、あのサイズのルアーを喰う魚は入ってきている!!明確なヒントをもらった私は、急いでガボッツ150に戻し、水面直下の釣りに戻しました。 吹き飛ぶガボッツ150 ガボッツ150に戻し数投後、、、 カチャカチャ、ガポッ、、、カチャカチャ、ガポッ、、、 ポッパーとドッグウォークを織り混ぜ、定期的にステイを入れるアクションで誘っていると、、、 パアァァァン!!っと水面爆発が起きてガボッツ150が吹っ飛んでいきました。 で、出たぁぁぁあ(゚∀゚)!! ついに魚からの好リアクションがありました。 これはいける!!秋は来てる!!ヤル気がみなぎります。 だいぶ日も上がり、表層ではかなりの数のベイトが跳ねていました。 ついに釣れた秋シーバス ガボッツ150で粘りはしましたが、水面爆発してからは何もなし、その間にもビッグベイトアングラーは2匹目をゲットされています。 ここは思い切って、400メートルくらい移動して、ルアーを今日初めて投げる、メガバスのカゲロウ155に変更します。 運良く手に入った最強マットチャートカラー! 一投目。風も強く、潮の流れがかなり早い中、カゲロウ155は水をしっかり掴んで泳ぎます。 へぇ、流石カゲロウ!この潮と風でもしっかり泳ぐ! っと感心した次の瞬間!! 水面爆発と共にスーパーバイト!! ルアーの動きに感心していた為、すぐさま反応してフッキングできました。 フッキングしたと同時にジャンプエラ洗い!! てかでかい!!80あるんじゃないか?!っと慎重にやり取りします。 かなり元気で寄せるのに苦労しましたが、足元まで来て姿が完全に見えます。 やはりでかい!そして流石カゲロウ、トレブルフック3つが良いとこに刺さってバレないやつ。 慎重にランディングしました。80は無いものの、体高の高い70overでした。ついに秋シーバスを釣り上げました! ナイトゲームは後少しか 午前中は誤爆4回、ヒット1回に終わり、期待を膨らませてナイトゲームです。 20時ごろ現地に到着し、風が引き続き強い中で夜の部スタートです。 使用するルアーは朝のMVPカゲロウ155!! 風が強く、波は立っていましたが、潮と風に乗せてデッドスローのドリフト気味に流します。 20分くらいやり、周りも釣れてなく、ベイトも見当たらない、、、 夜はまだ早いか?? 試しに早巻しようと投げた一投。着水後すぐ巻き、相変わらず動きだし早いし、この状況でも水もつかんでよく動くなぁ(´∀`) っと感心した瞬間ひったくりバイト!! 夜の部も来てくれました秋シーバス!! パワフルな引きを楽しみネットイン!! 60センチの頭でっかちパワフルシーバスでした! しかし、これを釣ってからは反応なしで納竿となりました。後少しでハイシーズンといった印象でした。 最後に ついに始まった秋シーズン!! なるべく現地に足を運んで、皆さんにこの秋の東京湾陸っぱりの臨場感をお届け出来るよう、更には秋爆釣行記と大手に出たのが企画倒れにならないよう、頑張っていきたいと思います! 今回はスピニングタックルでしたが、次回はビッグベイトタックルで挑みます。 ではまたの釣行記でお会いしましょう!! #{snippet[14]}

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード