釣果投稿数 累計200万件 突破
”釣れた”が集まる
アングラーズ

今すぐアプリを
ダウンロード

釣り場を探す

都道府県から釣り場を検索してみよう

人気の魚

ターゲットの魚が今どこで、どんな釣具で釣れてるかをチェックしよう!

釣果速報

釣具、魚、場所、状況、これらの釣り情報は釣果につまっている!釣りの参考にしよう!

みんなの釣行記

1日の釣りの流れを釣行記で把握しよう

2021年07月
29日(木)
16:33〜16:35 2投稿
お風呂の王様さ!ソイソイソーイ! さんの釣行
21日(水)
東京都江東区近辺
09:05〜09:08 2投稿
キャスター河貝iPhone さんの釣行
19日(月)
22:16〜22:59 2投稿
龍司 さんの釣行

アングラーズマガジン

【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-ディープジギングの回①-
2021年08月01日 魚種・釣り方 NEW!
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-ディープジギングの回①-
みなさんこんにちは、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めてしまったのはここ3年ほどですので、まだまだ駆け出しです。そして「ゲーム」と言いましても、「これってもしかして罰ゲーム?」というくらいに釣りに苦しめられております。 これからオフショアゲームを始めてみたい方がそうした苦しみを味合わぬよう、初心者が気になるところについて、お伝えしていこうと思います。 今回はディープジギングについて、です。どうぞよろしくお願いします。 もくじ ディープジギングとは 何が釣れるのか 釣り方 おわりに #{ad1} まずディープジギングとは?ですが、文字通りディープな場所、水深の深いところでのジギングです。 以前お伝えしたSLJでは「SLJの「ライト」とはどの程度ライトなのか?」が焦眉の問題となったことと同じく、今回は「どの程度ディープなのか」が最初に解決すべき問題となります。 人によっては水深50mでもディープかもしれませんし、100mでもディープではないかもしれません。諸説あると思いますが、ここでは一つの基準として、200m以深をディープとよび、200m前後〜で執り行う釣りをディープジギング、と呼ぶこととします。 なぜ200mかというと、株式会社平凡社世界大百科事典第2版では深海を 海洋生物学では深海deep‐seaとは,水深200m以深をいい と、定義しているからですね。まぁ曖昧ですよね。 と、曖昧ですが、これを一つの基準として説明してみます。ただ、場合によっては水深150mとかそのくらいの水深もディープジギングとして取り扱います。 やればやるほど巨大なジグが増え続けることもこの釣りの特徴です。 以降、少々矛盾したり、定義が曖昧だったりすることもあるかと思いますが、フワッとした部分はご容赦ください。 何が釣れるのか そして、本稿のディープジギング、曖昧ではありますが、200mくらいの深いところで、重たいジグを使い釣る手法です。 釣れる魚は普段お目にかかれないような魚が多いです。これまで釣ったことがあるのは、アラ、ムツ、クロムツ、シロムツ、キンメダイ、ギンメダイ、タチウオモドキ、あたりです。 アラです。こどもなのでコアラ、と呼ばれます。 もちろん、場所にもよりけりなのでしょうが、かの有名なアカムツやカンパチ、アラ(クエのことを九州ではアラといいますが、アラという種類です、でもクエも釣れるみたいです)、オニカサゴなどの高級魚や、メダイ、クロシビカマス、バラムツ、アブラソコムツ、アブラボウズなどの見慣れない魚もターゲットとなります。 200mどころではなく、500m以深ではメヌケなども釣れるようです。 釣り方 おおよそですが、水深の数字と同じ程度の重さを目安としたジグ、300mなら300gといったような重さ、で釣ります。 ジギングですね。ディープジギング、って言ってるもんね。それを、深いところで、ジグをゆっくり動かして釣る、スローピッチジギング、いわゆるスロージギングです。 ロッドにジグの重みをかけつつジグをぐーっと持ち上げてジグを動かし、フォールさせてバイトを引き出す、というのが一般的なメソッドです。イメージは以下です。 ロッドにルアーの重みを感じつつ、ある程度引き上げるとテンションが抜け、ルアーはスライドあるいはグライド・フォールを開始します。以下のイメージです。 1:ジャーク等の距離あるいは力の強さが、2:スライド・グライド・フォールに関係してきます。これを1セットとし、スライドが止まった地点でジャークを再スタート、この横の動きを複数層で繰り返すわけです。 再スタートする位置をどこにするかはリールのハンドルを巻く回数で決めます。Aの位置で再スタートするのか、あるいはCなのかは、水中でルアーにどういう動きをさせるかイメージしながら動かします。 A.スライド幅を狭く、縦の動きを少なく縦を広範囲に探りたい場合 →ジャーク少なめあるいは弱め・リール回転少なめ B.スライド幅を広く、縦の動きを長く横・縦とも広範囲に探りたい場合 →ジャーク多めあるいは強め・リールは2回転 といった具合です。 水深が深いだけで、他のジギングと変わりませんよ、と言いたいところなのですが、水深というのは思いの外、さまざまな影響があるのですね。 僕自身、ちゃんとやり始めてまだ1年も経ってないのでわからないことや、研究課題が多数あります、というよりは毎回が勉強です。 最初にやってみて感じたのが「何がおきているのかわからない」でした。 水深が300mって、東京タワー(333m)の一番上からジグを落としているようなものですもんね。 底質にもよりけりでしょうけども、まず着底がわかりづらいです。次にバイトがわからないケースもあります。これはバイトしてきた魚が極小のユメカサゴだったり、という理由が大きいかもしれません。 加えて、掛かった後も相当サイズが大きくなければ引きません。何がおきているのかわからないどころか、なぜこんな釣りをしているのかわからなくなりそうでした。釣り糸じゃなくて輪ゴムとかで釣りをしている感じでしょうか。楽しいのか、これは?と。 ですので、やってみたはいいものの、大半の人は、二度とやるまい、と思うのではないでしょうか。「よくわからないけどもう一回くらいは。。」と思えるようであれば、その後も取り組めるようになるかもしれません。そんな釣りであることを最初に覚えておいてください。 おわりに 初回からとてもつまらなそうな感じですね。 でも、なかなかどうして、ディープジギングは水深ばかりでなく趣深いところもありますよ。 ヘンテコな魚が頻繁に釣れるのが特徴です。 次回はタックルについて解説します。引き続きどうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑥-
2021年07月30日 魚種・釣り方 NEW!
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑥-
みなさんこんにちは、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めてしまったのはここ3年ほどですので、まだまだ駆け出しです。そして「ゲーム」と言いましても、「これってもしかして罰ゲーム?」というくらいに釣りに苦しめられております。 これからオフショアゲームを始めてみたい方がそうした苦しみを味合わぬよう、初心者が気になるところについて、お伝えしていこうと思います。 全国的に大人気のSLJについて、最終回の今回はようやくフックセッティングの注意事項などについて解説します。長くなってきましたので、これまでの目次を作っておきますね。興味ある方はリンクからどうぞ。 -- 1回目:SLJ総論 2回目:釣り方について:メソッド、ジグのアクション 3回目:SLJのタックルについて:ロッド、リール 4回目:タックルチョイスとジギングリールについて 5回目:ジグについて、フックについて -- では今回もどうぞよろしくお願いします。 もくじ フックのセッティング位置について おすすめアシストフック 最適なフック形状について フロントフックの取り付け位置のこだわり おわりに #{ad1} フックのセッティング位置について そして再びフックです。フックセッティングに関してですが、これは永遠に結論の出ないテーマで、考えれば考えるほど、そして試せば試すほど正解から遠ざかる気もしております。 そんな深みがあるフックの微調整ですが、いくつか注意すべき論点を取り上げてみます。 まず、セッティングですが、フック+アシストライン+スプリットリング+(場合によっては)スイベルの全長がジグ本体の2/5くらいの長さにしてセットするのが妥当かと思います。 このくらい。フロント、リアのフックが絡まない長さです。 おすすめアシストフック フックそのものですが、SLJのジグの場合、最初から付いているケースもあるので、変に変えたりすることなく、そのまま使うのが良いと思います。 ただ、トラブルがあって、フックだけがなくなったりする場合もあると思います。その場合は別途用意する必要があります。 別売りフックでぼくがよく使うのはいくつかあります。 基本のフックはこちらを使います。#8ですが、60gのジグなら#14がよいようです。 小技つき。ジグをあまり動かしたくないけどアピールしたい場合、あるいはくっそド派手にアピールしたい場合これを使います。 最適なフック形状について こっから先は少々心が病んでいないと立ち入れない領域かと思いますが、ついでなので書いておきます。ここも、いくつか論点があります。 フォール中心に釣りたい場合 針先がほんの少し内向きで勝手に刺さるタイプ。 ストレートタイプよりも根掛りがし難い(気持ちの問題?)という利点もあります。逆に、巻き上げで釣りたいような場合で根掛りの恐れがない場合はストレートを選択します。 ロングジグの場合 出来合いのアシストフックだと上記ジグ長の2/5を満たすことのできるものがなかったりします。 あるいは「これだ!」と思う長さのフックがない場合も自作せざるを得なくなります。 また、魚種によってアタックの仕方が変わります。バイトの出方としては、ルアーを吸い込む系と齧る系に大別されると思います。吸い込む系の代表はヒラマサや青物、齧る系は歯が鋭い魚、マグロとか黒ムツ、大型のハタあたりですね。 吸い込む系の場合、大抵頭から吸い込むような気がします。実際にキープして捌く際に、胃を見るとベイトの頭は奥を向いていますので、間違いないと思います。 ですので、フックはフロントのみにつけておけばよろしいかと思います。また、丸呑みされている都合上、ロッドを煽ってフッキングしておく方が無難な気がします。 一方、齧る系は頭からくる場合もありますし、テールの方から丸かじりする場合、テールなので丸か尻、ですね、その両方があると思います。 ですので、齧る系を狙う場合、リアフックがリーダーを巻き込む(テーリング、エビる、なとどいいます)ことがないギリギリの長さにアシストラインを設定するのが良いと思います。 図のように、フロント1に対してリア1.5〜2くらいの長さのバランスです。フロントが4cmならリア6cm〜8cmといったバランス。 ここで問題になるのが、20cmくらいのロングジグの場合です。リアフックを長めにしたくてもアシストラインが6cmを超えるようなフックって見たことがないのですよね。。。 なので自作、となります。 自作する場合、個人的には専らシーフロアコントロールJAMアシストラインを使うことが多いです。理由は、たまたま持っていたから、というと身も蓋もないのですが、中芯としてフロロラインが入っており、張りがあるものの結束しやすいから、です。 ただ、ここで記載した問題は主にディープジギングの際の問題でして、大型魚のジギングの場合は改めて研究せねばならないのが現状です。 他の自作フック ついでに記載しときますと、自作フックって結構メリットがあります。フックサイズ、アシストラインの長さの調整はもちろんのこと、ティンセルやしもり玉の追加等、考えうる限りの卑怯な、いや、男らしく勇敢な「知恵」をフル装備したフックシステムを開発できるのですげー楽しいですよ!! 出自:https://www.hayabusa.co.jp/hayabusa/products/BS305/ これとか、針そのものにホロが組み込まれていて、ていうかシールが貼ってあるだけですが、空前絶後の姑息さというか、何周か回って逆にむしろ勇敢な感じで、戦慄せざるを得ません。自作ならこういうのも使えるんだよ。使ってるし!! フロントフックの取り付け位置のこだわり ジグですが、巻いてる時やジャークしている時はラインの結節点が上向きになると思います。 これであればなんら問題ありません。 問題はフォール時点です。フォール時、魚がどこからバイトしてくるかで、取り付け位置を変えた方がいいと思うのです。 どこにすべきか。。。結節方法にもよるのですが、上記のようなジギング用のスイベルを使うと、フロントフックの取り付け位置候補は4箇所になり、加えて左右あるいは上下の問題もあるので、取り付け方法は8パターン発生してしまいます。 この8つのなかから、少しでも魚がバイトする際に、魚に近い位置に取り付けたいものですが、正解はあるのでしょうか。。。 以下、それほど根拠は強くないものの、現状でぼくが考えていることです。 前提として、フックは溶接リング+スプリットリングで接続するとします。そうなると、上記ジギング用のスイベルであれば、接続位置は他の金属部品との干渉が一番少なそうな4の1択となります。 ノーマルのスイベルを使うのであれば、3がなくなるので4で大丈夫ですね。 ではどちら向きにつけるべきか、上記4の場合、手前側に接続するのか、奥側に接続するのか、これが頭を悩ます問題となります。 このジグの場合であれば、左右対称ですので、おそらくこの姿勢のままフォールしていきます。なので4の手前・奥のどちらでもいいと思います。 問題は左右非対称のものです。フォール姿勢がわからないのです。 こういうやつ。 どこから見てもとても非対称です。どう落ちているのでしょうか? というのが、フォールの際、下向きになる面の方が、頭から食べに来る魚への位置関係としては近いと想定できます。近い方にフックがあった方がいいと思います。 こうなってる気がします。 そうなると、フックは少しでも下部にある方が有利に思えます。問題は左右非対称ジグの場合どちらが下向きでフォールするのかがわかりづらい点、「でした」。過去形なのはわかっちゃったからです。 タイニーレクターです。 4匹ばかり釣ったら失明しました。おそらくですが、アイが下向きでフォール、つまり平らな面が多い方を下にしてフォールしていたようです。 いずれもフォール中のバイト(かさご)でしたので、下からバイトしてきている、はず。 そしてこの時点のセッティングは先ほどの位置関係で言うと4の手前側、です。つまり、より魚に近い位置、でした。 ですので、ジグによりけりな部分は多いとも思いますが、フォールの際、水底に近い面、多くは水の抵抗を受けやすい平らな面、の方向にフックをセッティングするのが妥当かと思います。 アイ(目)が片面にしか付いていないジグは、アイが付いている面が下向きになるケースが多いかと思います。 ただ、フォールの際も回転している可能性もありますし、魚も下からと見せかけて回り込んで上からバイト、とかもあるかもしれませんので、取り付け位置の上下あるいは左右については、バイトはむちゃくちゃあるのにフッキングしないようなケースの最後の調整の一つかもしれません。 また、蛇足ながらもう一点。左右非対称のみならず、上下非対称の場合です。TGベイトやトウキチロウですね。 よく見ると、フロントの頭上でなく、顎側の塗装が削れています。 これも上記1-4の位置で言うと4の手前でいいと思いますが、バイトの方向の想像がつけば、取り付け位置もイメージしやすくなるかと思います。 おわりに 全6回にわたって解説してきたSLJ、全て読まれた方はほぼおられないかと思いますが、知っている限りの知識と経験を残すことが出来ました。 お読みいただけた方、お疲れ様でした、そしてありがとうございます。 実際に釣ってみて、悩んだ際は情報を整理して、基本に立ち戻ったり、新しい手法を試すことで上達に繋がると思います。 釣りって本来、針と糸があれば成立するゲームなはずなのですが、やれコマセカゴだ、てんびんだ、等々、釣るための工夫がなされればなされるほど複雑になってしまい、本来の姿からは離れすぎてるきらいもある気がします。 その点ジギングって、ぴょいっと落としたらガーンっと美味しい魚が釣れて、仕掛けというかリグもシンプルでわかりやすくていいですよね。 遠くない将来に重りを叩いて伸ばして自作ジグを作ってしまいそうな気もするのですが、まったり調査と研究を重ねていこうと思います。 #{snippet[19]}
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑤-
2021年07月29日 魚種・釣り方 NEW!
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑤-
みなさんこんにちは、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めてしまったのはここ3年ほどですので、まだまだ駆け出しです。そして「ゲーム」と言いましても、「これってもしかして罰ゲーム?」というくらいに釣りに苦しめられております。 これからオフショアゲームを始めてみたい方がそうした苦しみを味合わぬよう、初心者が気になるところについて、お伝えしていこうと思います。 全国的に大人気のSLJについて、5回目の今回はようやくジグについてコメントします。長くなってきましたので、これまでの目次を作っておきますね。興味ある方はリンクからどうぞ。 -- 1回目:SLJ総論 2回目:釣り方について:メソッド、ジグのアクション 3回目:SLJのタックルについて:ロッド、リール 4回目:タックルチョイスとジギングリールについて -- では今回もどうぞよろしくお願いします。 もくじ SLJ用のジグについて ラインについて フックについて おわりに #{ad1} SLJ用のジグについて 満場一致でダイワのTGベイトは必携ルアーになると思います。 タングステン素材のジグです。 ところでTGベイトの「TG」。タングステンの略か何かだと思ってたら、スリルゲームの頭文字らしいですね。スリルゲーム・ベイト。エサ釣り、ってことでしょうかね。。。 これは本体の質量が高いので、シルエットが小さく、鉛より硬くなります。 これにより何が起きるのかというと、まずシルエットが小さいので水の抵抗が少なくなります。次に感度がよくなります。柔らかいものよりも硬いものを叩いた場合の方が音が伝わりやすい原理かと思います。 つまり、タングステンを使うと、鉛や鉄よりも早く沈み、アタリや底を取りやすくなります。 ターゲットが、餌となる小魚を積極的に追いかけているような状況では非常に強いと思います。逆に餌となる小魚のサイズが大きいような場合は、同じ重さであれば鉛が有利な状況もあります。 使い分けの手法としては、潮が速く、ベイトが小さい時は迷わずタングステン、たるい潮でふわふわフォールさせた方がアピールが良い時は鉄や鉛で打開策を見つける、といったところでしょうか。実際、現場に出てみて判断ですね。 個人的な見解でありますが、SLJに関して言えば、必要なルアーは3つプラス1くらいかと思います。一つ目はまず上記のTGベイト、二つ目と三つ目はBOZLESというメーカーのトウキチロウとイエヤス、プラス1はTGベイトのスリムかBOZLESのノブナガ、あるいは鉛製のものの幾つかからチョイス。 上からTGベイト、トウキチロウ、イエヤス、ウォブリンS、タイニーレクター、フレック、です。 名前をあげた3つのルアーのそれぞれの違いですが、動きが一番派手なのがトウキチロウ、中間がTGベイト、動かないのがイエヤス、となります。TGベイトのスリムとノブナガはフォール中のバイトが多いように感じます。 TGベイトスリムです。なかなか釣れます。使う順番はお好みでいいと思っていますが、過去の実績として、何をやってもダメな場合にイエヤスで釣れた、ということは何度かありました。 その時点のベイトのシルエットに寄せていくのが近道なのは当たり前として、釣れたジグによってその時点のベイトが何であるのかが想定できたりもしますので、なかなか奥深い遊びだと思います。 基本はこの3+1として、「良い」と言われているジグを用意する感じでしょうか。他、個人的に良いと思うジグが以下のものです。 ・ハヤブサ ジャックアイスロー(ラインアップは60-300g) ・シーフロアコントロール タイニーレクター(ラインアップは40、60g) ・スミス ウォブリンS(7-185gと幅広い品揃え) ・ダイワ 鏡牙(ラインアップは100-180gで複数種類がある。少し重い) ・ディープライナー各種(30-1500gと盤石のバリーション) いずれもタングステンジグに比べれば、比較的安価です。が、無くすとイタイので、根掛かりには気を付けましょう。 ラインについて SLJなら、というか釣り全般に言えること、PEラインを使用する前提ですが、ラインは極限まで細い方が、潮の抵抗がなく釣りをしてて楽チンです。 太糸が必要なのは、根や船底で擦る危険性がある場合です。 前回のどてら流しの例であれば、ルアーが寄ってくる場合は船底で擦る可能性があるので念のため太糸を、離れていくような場合は細糸の方が力が要らず楽チンだと思います。 なんともぼんやりとした書き方ですが、SLJなら0.6-1号程度で良いと思います。 銘柄は切れなければなんでもいいと思います。 が、格安PEは表示号数よりもだいぶ太いケースがありますので、安すぎるものは要注意です。100mあたり1,000円前後のものを選んでおけば問題は発生しないかと思います。 出自:https://www.seaguar.ne.jp/lineup/fune/fune_11.html シーガーのx8あたりがいいんじゃないでしょうか。値段、入手のしやすさ、性能のバランスがいいと思います。 フックについて 基本、ジグの大きさに合わせてフックサイズを選ぶのですが、正解はないと思います。 無事釣れたら、それは暫定的に正解、でいいんじゃないですか?この見解で不満はありますでしょうか?ありそうだな。。。ならもう少し書くか。 細かく言うと、釣る魚と釣り方によって、針自体の幅(ゲイブ)と長さ(シャンク)およびアシストラインの長さも変えた方がいいと思います。 フックの場所の名称です。 フックサイズ、アシストラインの長さの調整で釣り方は変わる!はず。。。 ルアーにアタックされている感じはあるのにフッキングしないような場合はフックのサイズが合っていないこともあると思いますので、デカくするあるいは小さくする、という対応が必要ですね。 また、フッキングはしたもののフックアウトするような場合もあります。その時点でダブルのアシストフックを使っているのならシングルに変えてみたり、力強くフッキングしてみたり、刺さりが悪いのかもなので針の軸を細くしてみたり、逆に太くしたり軸の形状を変えてみたりと微調整が必要かと思います。 ケースバイケースですが、結論、複数種類用意しておいた方がよろしいと思います。真面目にやるならね。 個別銘柄やセッティングについてですが、使うジグによる、という点が多いので、後述します。 おわりに 5回目になってようやく道具の説明が終わりました。。。長々とすみません。 次回は(「まだあんの!!」と言われそうですがw)フックのセッティングや微調整について解説します。引き続きどうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}
【シーバス】夏の鉄板バイブゲーム
2021年07月29日 魚種・釣り方 NEW!
【シーバス】夏の鉄板バイブゲーム
皆様こんにちは!釣りが好きなんですです! 今回は夏の鉄板バイブゲームについて書いていきます! 7.8月と夏も近づき魚の回遊が盛んになる季節です。 シーバスも活性が上がり朝マズメが非常に熱い!! 去年の同時期朝マズメの経験を元に少しでも皆さんの為になれば幸いです! さあ皆さんひたすら鉄板投げましょう! もくじ とにかくマズメだ! とにかく遠投だ! とにかく早巻だ! とにかく周りを観察だ! 終わりに #{ad1} とにかくマズメだ! とにかくマズメだ!!マズメは逃してはいけません。 7、8月と日中でも鉄板バイブで釣りやすくはなってきます。 ですが、やはりマズメの瞬発力には敵いません。 ハイシーズンのマズメはヤル気あるシーバスがいたら答えは早いです! こちらは夏ハイシーズンのシーバス!!なんと開始一投目で釣れました!! 状況動画ありますのでよろしければ是非!! https://youtu.be/0Nz_04LDF_8 とにかく遠投だ! さて場所も取れた朝マズメだ! 後はとにかく遠投だ! 短い朝マズメの地合い、とにかく広範囲に探りましょう。人気スポットですと4〜5メーター間隔に人がいるので横に探れません。 飛距離こそが全てです!(笑) YouTubeにてペンデュラムキャストのやり方を紹介しています。マスターすれば飛距離アップ間違いなし! https://youtu.be/3KRQ_Rnrp8Y また、こちらの動画でも紹介しているオススメメタルバイブがこちら。 上州屋やキャスティングで激安で販売されているあのメタルバイブです! 他のルアーの半額、または高いやつに比べれば三分の一です。 飛距離は他のお高いルアーと遜色なくかっ飛びます! 魚も普通に釣れます!(去年周りの1500円台の有名鉄板バイブより大爆発しています!) 多少塗装剥げが激しいけどそれは値段相応期待してはいけない。 塗装とフック錆強度は、激安中華ルアー以上国内メーカー以下です。 私は鉄板バイブはこれしか使いません! 上記のとにかくマズメだ!の動画に登場するのもこの鉄板バイブです! とにかく早巻だ! 全レンジを意識しながらとにかく早巻して下さい。基本デイゲームなので普通に巻いても見切られます。 この時期のシーバスはハイギアの高速リトリーブなんて余裕で追い付きます。見切られる前に喰わせましょう! とにかく周りを観察だ! 朝マズメ時にひたすらキャストしつつ大事なのはまわりの様子も観察しましょう。 釣れている人のカラーやサイズ、ヒット位置、更には水面で追われているベイトはいないか、レンジはどこかと、探れば情報はいくらでもあります! 実談ですが、去年のハイシーズン時に、周りは50〜60Mの範囲で鉄板バイブを巻いていましたが誰もヒットせずにいました。 それを見た飛距離こそ正義な私は75〜85Mの遠投をした結果地合い開始と同時に私だけヒット祭りになりました。(バラシ祭りも同時に経験(笑) 周りの様子を見て釣果アップを! 終わりに さあ、今回は夏の鉄板ゲームについて紹介してきました。 シーバスだけでなくアングラーの活性も高くなり、熱い日々が続きます! 皆様も熱中症には充分注意して楽しい釣行を!! 個人的には気温上がる前の朝マズメで安全に! #{snippet[14]}

タックルのインプレ速報

話題の釣具のインプレ(口コミ・レビュー・評価)を見てみよう

注目のエリア

自分のよく行くエリアをフォローして釣果の速報を入手しよう!

最近釣れたルアー・エサ

最近釣れたロッド

最近釣れたリール

最近釣れたライン

大会イベント

協賛メーカー多数!無料参加して賞品ゲット!

  • 2021年05月18日 〜 12月18日
  • 開催中!
  • 2021年03月25日 〜 10月25日
  • 開催中!
若槻大会2
  • 2020年06月03日 〜 11月14日
  • 開催中!
  • 2020年03月24日 〜 03月26日
  • 開催中!

運営からのお知らせ

test
2020年06月24日
test
2020年05月レポート 入星 祥吾…!!さん 公開釣果数 月間の投稿した公開釣果の数 20 1位 ページビュー 月間に投稿した釣果画面の閲覧数 1,281 2位 いいね数 月間にいいねされた合計の数 9 2位 フォロー数 月間にあなたがフォローされた合計の数 1 2位 いいねが多い釣果 1位 2020年05月 ブラックバス 2いいね 2位 2020年05月 ブラックバス 2いいね 3位 2020年05月 ブラックバス 1いいね いいねをよくしてくれた釣り人 1位 お風呂の王様だっちゅーのさん 5いいね 2位 xxxeかaさん 1いいね よく釣ったロッド 1位 34 ADVANCEMENT HSR-610 5釣果 2位 DAIWA STEEZ 631MLFB-SV 5釣果 3位 10 TEN FEET UNDER waka2018 2020-05-14-v1テスト 2釣果 よく釣ったリール 1位 Abu Garcia ambassdeur MAX Pro Max 6釣果 2位 10 TEN FEET UNDER waka2018 2020-05-12-modelnull-7 5釣果 3位 Abu Garcia ambassdeur 2500C 3釣果 よく釣ったライン 1位 10 TEN FEET UNDER waka2018 2020-05-12-modelid-null3 7釣果 2位 SUNLINE エギリーダーFC 3号 5釣果 3位 10 TEN FEET UNDER waka2018 waka2018-2 1釣果 ■注釈 月間の合計釣果PV数は、当月に投稿された釣果のみを対象とした釣果画面の閲覧数です。 月間の合計いいね数は、前月以前に投稿された釣果も含めて、当月にいいねされた合計件数です。 当レポートは、該当月に公開釣果を1釣果以上登録した人に送信しております。 当レポートは、β版(試作)になります。通知なく終了する場合があります。 ■アンケートのご協力依頼 当レポートの品質向上をするために、こんなレポートがほしいなどのアンケートにお答えいただけると幸いです! アンケートはこちら
bootstrap反映結果確認用
2020年06月13日
bootstrap反映結果確認用
シリーズ閲覧賞 YAMAGA Blanks BlueCurrent賞 入賞者 :マサトシ タックル:YAMAGA Blanks BlueCurrent Ⅲ 82 レビュー:■用途 尺アジ、尺メバルなどライトジグを使った釣りができ幅が広く竿の自重も軽くランガンしてても疲れないです。… レビューはこちら Fishman BRIST賞 入賞者 :ベイトマン タックル:Fishman BRIST VENDAVAL8.9M レビュー:このロッドに出会うまで他メーカー3本買いましたがこのロッド以上最高のロッドは無い!って言い切れます。 そもそ… レビューはこちら SHIMANO COLTSNIPER賞 入賞者 :サカナは釣って食べるもの タックル:SHIMANO COLTSNIPER S1000MH レビュー:コルトスナイパー 信者ですのでゴリ押しです。 釣りを始めた時からコルトスナイパー シリーズはお世話に… レビューはこちら SHIMANO DIALUNA('18)賞 入賞者 :ロータス タックル:SHIMANO DIALUNA (’18) S106M レビュー:■用途 ライトショアジギング ロックフィッシュのロングスピン ■使った感想 SHIMANO好きなのでロ… レビューはこちら SHIMANO EXSENCE賞 入賞者 :ひよちゃん タックル:SHIMANO EXSENCE GENOS S110MH/R レビュー:いつかは磯ヒラと思い買いました。 全身パリッとした高弾性カーボン使用の他に無いロッドだと思います。 激流で… レビューはこちら DAIWA LATEO賞 入賞者 :tomk0927 タックル:DAIWA LATEO 96ML•Q レビュー:■用途 ライトショアジギング ■使った感想 メタルジグをメインで使用してましたが、7グラムから、28… レビューはこちら SHIMANO LUREMATIC賞 入賞者 :ケーゴ タックル:SHIMANO LUREMATIC S60UL レビュー:■用途  主にニジマスやアメマス、イトウなどのトラウトフィッシングに使用してます。  ルアーはスミスのD-… レビューはこちら SHIMANO NESSA賞 入賞者 :マギ王子軍団 タックル:SHIMANO NESSA LIMITED S1010M+ レビュー:使ってみた感想ですがまだ慣れないのもありますがシャキっとしてるなぁ~というのが第一印象です。一時間程度ですがロ… レビューはこちら DAIWA SEABASS HUNTER X賞 入賞者 :ヒミ タックル:DAIWA SEABASS HUNTER X 86ML レビュー:■用途 シーバスメインだが特に縛りなし。 ■使った感想 購入したのはお正月の福袋でした。 穂先が柔… レビューはこちら SHIMANO Sephia賞 入賞者 :浜省II タックル:SHIMANO Sephia SS R S806M レビュー:セフィアci4+C3000Sのリールに組み合わせる為に購入しました。この組み合わせはとにかく軽くて快適なエギン… レビューはこちら DAIWA STEEZ賞 入賞者 :ヤマト1984 タックル:DAIWA STEEZ 721MH/HRB レビュー:■用途 琵琶湖での様々な釣りに使用 高比重ワームノーシンカー テキサス ラバージグ ヘビーキャロライナ ジ… レビューはこちら AbuGarcia XROSSFIELD賞 入賞者 :Presage shige タックル:AbuGarcia XROSSFIELD XRFC-702M レビュー:■用途 信州の本流のスモールマウスを狙いに行くときにこのロッドを使っています。 ■使った感想 最初はアブ… レビューはこちら SHIMANO ZODIAS賞 入賞者 :S.Y. タックル:SHIMANO ZODIAS 166ML-G レビュー:■用途 5グラムのシャッド〜1ozの巻物全般 巻物が効くときには必ずレギュラー入りをするロッド ■使… レビューはこちら 投票者の当選者 数多くの投票ありがとうございました!投票者の中から抽選で3名の方へのギフト券プレゼントの当選者は下記の3名様です!おめでとうございます! ニックネーム:松田 翔太 さん ニックネーム:ベイトマン さん ニックネーム:Angler こた さん 賞品 特賞と、運営スタッフ賞のご入賞者さまにはAmazonギフト券3000円分をアプリ内通知にてお送りさせていただきます! シリーズ閲覧賞の入賞者の方、投票者の当選者の方にはAmazonギフト券1000円分をアプリ内通知にてお送りさせていただきます! 商品の受け渡し 入賞者の方に個別でアプリにトップ通知でAmazonギフト券のクーポンコードをお送りします。 アンケートご協力のお願い 今回のコンテンストはいかがだったでしょうか。 今後のイベント品質の向上のためアンケートにご意見いただけましたら幸いです! アンケートの所要時間は1分程です。 アンケートを回答する(1分)

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード